ムート&フレンズ

コントロールの世界


アダムとイブの子孫は、『赤いハート』を引き継いで、世界に散らばっていきました。

厳しい自然環境をくぐりぬけ、よりたくさんの食べ物と安全な住み家を得るために・・
『知恵=あたま』はつかわれ、道具をつくる『手』はどんどん器用になっていきました。

男性たちは・・
狩りを効率よくし、安全に快適に暮らすための『あたま』と『からだ』と『技能』の力を発達させ進化していきました。

女性たちは・・
子育てや、作物を効率よく収穫するための『あたま』と『からだ』と『コミュニケーション』の力を発達させ進化していきました。

こうして・・

暮らしをより安全で快適なものにするために『あたま』は使われ、脳を発達させていきました。

集団で生活することによって、より安全で豊かな生活ができることを知るようになると、みんなで協力しあって生きていくための『決めごと』が生まれるようになりました。

生存や子孫繁栄のために有利なことは『いいこと=善』・・
食料がなくなることや危険なことや『決めごと』を破ることは『悪いこと=悪』・・

として、『善悪』を判断する『あたま』をどんどん発達させていきました。

集団のなかで腕力や知恵にたけた者が、みんなをまとめるようになり『決めごと』をつくる『権力』をもつようになっていきました。

部族のなかでは酋長が長(おさ)が、家族のなかでは父親が長(主人)が、『権力』をもつようになり、みんなが平和に暮らせるように統治することが権力者の『役割』となりました。

けれども・・

権力者のなかには、私腹を肥やすための『決めごと』をつくる者が現れ、みんなで得た利益を自分の意のままにしようと、民たちを監視・干渉し『支配』する世界が広がっていきました。

権力者にとっては・・
神様からあたえられた自然にわきあがる『恋する気持ち』や『情熱』を発揮して、自分の花を咲かせて『自立』して生きることで、民が『力』をもつことは自分たちの生存を脅かすものでしかなかったため・・

民の『自立の芽』を踏みつけにしたり、摘み取ったりして、存在自体を否定した『役割』をあたえ、権力にそむけないような『制度』や『おきて』もつくり自由を奪っていきました。

e0034540_15410171.png
これらの理不尽な『決めごと』により
自分の持てる力を存分に発揮して、愛情豊かに生きることに『罪』の意識がうえつけられ

人間らしく生きる自由には『罪と罰』があたえられ
『罪悪感』を背負わされるようになっていきました。


もし、この『決めごと』に逆らうことがあれば・・
当人ばかりでなく家族や一族まで危害が及ぶような厳しい『罰』があたえられたので、絶対服従するしかないようにさせらていきました。

民たちは、自由に生きることに『罪悪感』を背負わされることが当然であるかのように『思い込まされ』盲目的に生きるようになっていきました。

やがて・・

いくつかの部族が、土地や財宝や美しい女性をめぐって争うようになると、民たちはより一層『権力』に支配されるようになり、本当の自分を生きる自由はますます奪われていくようになりました。


こうして・・

人は、さまざまな時代・さまざまな社会のなかで、『権力』に『コントロール』されながら生きているうちに・・
『コントロールの世界』にはまっていくようになりました。


******************************************

『コントロール』には、以下の3つのタイプがあらわれました。


支配

e0034540_13171251.png
力の弱い者は「部族や家族のため、あなたのため!!」などと言い聞かされ、厳しい『決めごと』を守らされ、『自立の芽』は踏みつけにされ、権力のもと都合のいいように『支配』されていきました。


e0034540_13284101.png

自分が好きで得意なことは禁止され・・
自分本来の『性』のありようも『男は男らしく・女は女らしく』と一方的な『性』の『質』を押しつけられたり、『性』に関心をもつことも恋愛することも『はしたないこと』とされ、結婚は家どうしの都合でなされるようになりました。

最初は権力にはむかったものの、自分の力ではどうすることもできないことを知ったとき『力が弱い自分は、力の強い者のいいなりになって生きるしかない』と自分を生きることをあきらめ・・

権力に『服従』するしかないことに『絶望感』をいだき、生きる気力までなくしていきました。

厳格で厳しい父親は、自分の主義主張を子どもや妻に押しつけ、自分にたてつく者は人間として失格だとして、日頃の行動や言動まで監視し、仕事も結婚も親が決めたとおりにされ・・

自然にわきあがる好きなことを楽しむ『情熱』も純粋なこころで『恋する気持ち』も干渉され、『性』そのものの『質』はおとしめられ、否定されました。


こうして・・

生きる『尊厳』を傷つけられた力の弱い者は『自尊心』を傷つけられ・・
自分が好きで得なことをすることも、好きな人と親しくすることも『いけないことをしている』というような罪の意識を抱かずにはいられないようになっていきました。


e0034540_13150248.png力の弱い者のなかには『こころ』を閉ざし・・e0034540_16313071.png
『能面』のように感情を表にだすことをしなくなったものもいましたが・・

こころの奥には大きな怒りを抱え、怒りながら泣いています。

そんな魂は・・
自分を尊ぶことも人を尊ぶこともできなくなり
自分も人も傷つけるエネルギーを発するようになっていきました。

e0034540_12224271.png

けれども、本当は、愛されたい・愛したい気持ちがいっぱいで、愛に飢えているのでした。


こうして・・

『厳しさと苦さ』で彩られた『支配』の世界のなかで、男性性の力がますます強くなり、男性性と女性性のバランスは崩れ『コントロール』しあいました。




所有


『支配』は『厳しさと苦さ』で彩られた世界ですが、『所有』のほうは、反動のように『優しさと甘さ』で彩られた世界のなかで『自立の芽』は摘まれ、権力のもと都合のいいように『所有』されていきました。

e0034540_17441157.png
弱い者を安全に快適に過ごさせてあげることが、力のある者の『つとめ』であり優しさなのだと『思い込み』、手取り足取りお世話をし、転ばぬようにと障害物を取り除き、自分が描いた幸せな理想像を無意識に押しつけては、あれこれ指示をだし『いい子・できる子』でいるように干渉し『過保護』にすることで、自分の力で伸びようとしている芽を摘んでいきました。

力の弱い者は、甘えさせてもらえることが楽ちんで満足していましたが・・

『いい子・できる子』でいるときはよろこび機嫌がよく、期待に反することをしたときは怒ったり悲しそうな顔になることに気づき、これほどまでに自分のことを大事にしてくれる人を悲しませてはいけない、よろこばせることが自分の『役割』なのだと感じるようになっていきました。

こんな優しい母親のいいなりになっていれば、自分は安全でいられ、親孝行もできると思っていたものの、成長するにつれて、指示された行動をするたびに『自分は、これでいいのだろうか?』と考えたり、自ら行動したことでも『自分は、これでよかったのだろうか?』と振り返ったり、誰かにたずねたくなる気持ちがこみあげ、自分に自信がもてなくなっていきました。

『いい子・できる子』でなければ、人として失格なような感情を植えつけられ『人の期待にそうように生きることで自分は安全に守られ、すべてがうまくいくのだから、これでいいのだ』と自分に言い聞かせ・・

権力に『保護』されることでしか生きていけない『無能感』をいだきながら、いつまでも弱い自分・幼い自分を演じることが癖になっていきました。

優しそうにみえる母親が子どもを自分のペットのように可愛がり、美味しい餌をあたえ飼いならしてはいつまでも自分の手元におこうとすることで

弱い者の首は真綿でしめられ、自分で自分を生きる力は否定されていきました。

こうして・・

自分を生きる自信を失った力の弱い者は『自己肯定感』をなくし・・
自分の力で芽を伸ばし、花を咲かせ、親元を離れて自立しようとすることすら『罪』の意識を感じるようになっていきました。



こころの奥には大きな悲しみを抱え、大粒の涙を流しています。

そんな魂は・・
本当は、自分のことも人のことも信じて、人がさしだす愛を何の見返りもなく受け取ったり、自分がさしさす愛を何の見返りもなく与えたい気持ちでいっぱいでした。

e0034540_12220803.png

けれども、自由に生きて冒険したり自分を試してみたいのに、それがかなわないことを人のせいにして、人を憎んだり、うらやんだりしては、ずる賢く欲深いエネルギーを発するようになっていきました。

こうして・・

『優しさと甘さ』で彩られた『所有』の世界のなかで、女性性の力がますます強くなり、男性性と女性性のバランスは崩れ『コントロール』しあいました。




対立


『支配』も『所有』も力のあるものから一方的に、自分を生きる力を奪われ、ありのままの姿で生きることを否定されましたが、『対立』は対等な立場で『自立』して生きるために、お互いに『自己主張』するようになっていきました。


どちらも、自分が描く世界を完璧なものにしようとして『〇〇であらねば、イヤだ!!』という強いこだわりにより、相手の言い分を聞くことも一歩も譲ることができず極端になる傾向にありました。

完璧主義であるため自分にも人にも妥協ができず厳しくなり、トゲをだしては自分も人も傷つけてしまいました。

自分は完璧だと思いたいがゆえに、自分の欠けや弱みを人に指摘されると相手に対し反抗し自分を認めることができず『自己承認』するこもできませんでした。

自分の言い分は正しいとして、思いどおりにならないことを相手のせいにする『被害者意識』をもつようになっていきました。

このようになってしまうのは、自分と相手が同じ考えや感じ方をするものだと思い込み、相手が自分の期待どおりにならないことが理解できず不和を感じてしまうからでした。

親しくなればより一層、相手に期待しあうためお互いに傷つけあう『ハリネズミ』のようになり、人との距離をどうとっていいかがわからなくなりました。

その結果として、人との間に壁をつくり親しくなることを恐れるようになりました。

けれども、本当は、人と親しくなりたい気持ちがいっぱいで、相手にどう見られているかがいつも気になる『自意識過剰』になっていきました。

こうして・・

お互いに、相手の言い分を聞こうとすることができず『対立』する世界のなかで『コントロール』しあいました。



『コントロール』の3つのタイプは・・
下の図のようにつながりあって、それぞれが少しづつ重複しあっています。


3つに共通していることは・・

自分と相手との関係は、コインの表と裏のような関係になっている。
独りよがりな考え(時代や社会の風潮、一族存続のため、自我など)によって監視・過干渉され、ありのままの姿やこころからの欲求を受け入れてもらえず、本当の自分を抑圧・規制されてしまう。
・↑その結果、自己肯定感・自尊心の欠如がおきてしまう。
・こうして、ありのままの姿でいることを恐れ、本当の自分をおおいかくした殻のなかに自分を閉じ込めてしまう
・殻に閉じこもった魂は、罪悪感・後悔・執着の十字架を背負い、自責の念・自己卑下と被害者意識に囚われている
・↑その結果、自分に自信がもてなくなり劣等感や嫉妬の感情をいだき、まわりにいる人たちと共に手を取りあい自立して生きることができず、心配や不安をあたえ依存・甘え・孤立してしまうようになる。
・青と赤で描かれた男性性と女性性のバランスが傾いた者同士は磁石のように引き合い、親子・夫婦・恋人・隣人・社会・国家の間『コントロール』のドラマを引き起こし、次の世代に役を交替して連鎖しては、3つのタイプのどれかを色濃くしながら、グルグルまわって引き継がれていく。


これらの『コントロール』から抜け出すためには、男性性と女性性のバランスを回復することにあります。



男性性と女性性のバランスを回復するために意識して心がけるといいことを下図に簡単にまとめてみました。


e0034540_16205548.png


e0034540_14492316.png

男性性と女性性のバランスが、傾いた者同士が磁石のように引き合うのは、なぜなのでしょう?
ここには、ヘビとモンスターが関わっていました。




[PR]
by m-happa | 2017-12-20 18:49 | ムート&フレンズ | Comments(0)

『Natural & Simple・Easy・Relax !! 』にをモットーに毎日を自分らしく楽しく・美味しく・心豊かに暮らしています。           こころのままに 気分よくハッピーに・・☆


by m-happa