ムート&フレンズ

愛のもと


e0034540_4234185.png


生命を生み出したお父さんとお母さんの『無条件・無償の愛』により・・

歩けるまでのあいだに本能の基本的欲求である『食べる・寝る・排泄する』ことを
気持ちよく満たしてもらうことで
自分を愛し・人も愛する『生きる力』の土台ができ・・

さらに、『自我をしっかりうけとめてもらう』ことで
自分のことを自分でお世話し・自分を守り『自分らしく生きる根っこ』が根づく・・

こうして・・

『自立の芽』が育ち・・

必要な時に必要なサポートを必要な分だけあたえられ
『種』がもっている『素晴らしさ』と『強さ』を信じて見守られることで・・

『自立の芽』はすくすく伸び
やがて、花が咲き、実を結ぶ。


愛のもとは・・

お父さんとお母さんの愛(家族の愛)にある。



e0034540_1365440.png

右の『種』は・・自分の素晴らしさを信じている。
左の『種』は・・自分の素晴らしさを信じていない。

このまま育つと・・
右の『種』は、必要な栄養をもらえるだけで
素晴らしい花を咲かせ素晴らしい実をつける。

左の『種』は、肥料をあげてたいせつにしても
弱くて枯れそうな木になってしまう。



『種』は、その『種』のもつ『素晴らしさ』を信じて・・
必要な時に必要な分の栄養をもらうことで素晴らしい花を咲かせ素晴らしい実をつける。


実は、人の命も、植物の『種』と同じで・・

生きるために必要な『基本的欲求』をしっかり満たしてもらうこと・・
生きる根っことなる『自我』をしっかり受けとめてもらうこと・・

『種』は自ら成長し、自らの力で花を咲かせ実を結ぶ力があることを信じて『見守ってもらう』ことで・・

『生きる根っこ』がしっかり根づき
力づよく健やかに生きていくための『愛の元』ができあがるのよ。



生きるために必要な『基本的欲求』は・・

お腹が空いたらおっぱいを、おしりがぬれたら気持ちのよいおしめを
暑かったら涼しく、寒かったら温かく
眠くなったらこころ安らぐ抱っこや添い寝を、目が覚めたらやさしく抱き上げてもらう。

遊びたい時に見守られながら、こころゆくまで遊ばせてもらう。

おっぱいやねんね・ぐずっているときの抱っこのときに・・

『やさしく触れられる』ことで、人のぬくもりを肌で感じ・・
『やさしい言葉をかけてもらう』ことで、言葉による安らぎを得て・・
『やさしいまなざしを向けてもらう』ことで、『あなたのことをいつでも見ているよ』というこころからのメッセージを受けとることができる。

こんなふうに気持ち良く過ごせる日々を送ることで・・
愛されて生きることの気持ちよさとよろこびと安らぎをこころとからだで感じるとることができるのよ。


これらの・・『食べて』『寝て』『ウンチ』をするという『基本的欲求』が・・

本来の姿であるお母さんの手によって
望むときに望むようにあたえられ、いつでも気持ちよくしてもらえると

赤ちゃんのこころとからだは幸せで満たされ安らぎにつつまれ

このここちいい感覚が、本当の自分(本来の姿)であることを知り
このここちいい感覚が、『真実の愛』であることを知ることができるのよ。


特に・・

おっぱい離れするまでの間に、お母さんの心音をききながら、ゆったりおっぱいをもらえることで
赤ちゃんのこころは子宮に守られていたころを思い出して、ほっと安らぎ、情緒が安定するのよ。

母乳であれば申し分ないけれども、母乳でなくてもだいじょうぶ!!
授乳のときに、お母さんの匂いやぬくもりや、やさしいまなざしがあれば、赤ちゃんはすくすく育つのよ。

だから、授乳はとてもたいせつなの!!。

お母さんが授乳するときは、赤ちゃんとゆったりした気分で一緒にいられるような環境ができるといいわよね。

例えば・・

お母さんがお仕事をしている場合は、授乳の時間だけ授乳時間をいただけるようなやさしい環境が普通になるといいわよね。

e0034540_4234185.png

そのためには、社会やお父さんの支えがとてもたいせつになるわよ。

お父さんとお母さんが仲良く・・

赤ちゃんを囲んで二人で協力しあって子育てできると
お母さんのこころは安らいで、赤ちゃんも安心できるようになるのよ。

すると・・

赤ちゃんの情緒は安定して、毎日をご機嫌よく過ごせるようになるから
こころもからだも健やかになり

自分のことを自分で愛し、人のことも思いやりのこころをもって愛せる人に育っていくようになるのよ。

そして・・

e0034540_10314393.png

自分はたいせつにされ愛されている!!
自分はここに生きていていい!!
人を信じてだいじょうぶ!!

という『安らぎ』と『信頼』が根づき・・

自分は愛されるのにふさわしい尊い存在であるという『自尊心』が育つようになるのよ。




歩けるまでの間に『基本的欲求』が満たされ、おっぱい離れするころ・・

自分の手足が、自由に動かせるようになると
自分の欲求と自分の気持ちを表す『自我』が芽生え

もうここから『自立への道』を自分の足で歩いて進むようになるのよ。

こんな未知なる冒険の始まりに、赤ちゃんはワクワクしながら
好奇心旺盛になんでも自分でしたい・やりたい気持ちがわきおこり『自分でする!!』と言いだし・・

目にするもの触れるものをこころとからだで体験しようとするわよ。


未体験なことや未修得なことは・・

まずは、手本を見せて
次に、手本をまねる(学ぶ)ようにうながしながら一緒にやってみる
一緒にやって、できたら、今度は一人でチャレンジさせてみる

こうして・・

自分でできたことを共によろこび、ほめることで
自分ができたことの『達成感』を味わい・・

生きるために必要なことを少しづつ自分のものにしていくことができるようになるのよ。


また・・

自分で何でもしたいのに思いどおりにならないときに・・

かんしゃくをおこして、だだをこねたり、すねたり、泣きべそをかいたり、甘えたりして
自分のもどかしい気持ちを訴えてきたときは・・

そのもどかしい気持ちをしっかり受けとめて、なだめてもらうことで
気持ちは落ち着いて、おだやかになっていくわよ。


でも、どうしても、ぐしゃぐしゃした気持ちがおさまらないときは・・

クールダウンできるまで、ほおっておいてあげることで
自分で自分の気持ちをおさめることができるようになるわよ。


親は、むやみに叱ったりするより・・
こどもをよく観察して、どんな思いでそのようになっているのかを推し測るようにしていくといいのよ。


やがて・・

おしゃべりできるようになり、たくさんお話したいときには・・

『うんうん』と目を見てうなずいてもらえたり
話を最後まできいてもらえると

自分の素直な気持ちをそのまま伝えてもだいじょうぶ!!
自分の話は最後まできいてもらえる価値がある!!
と思えるようになり・・

こころを開いてコミュニケーションすることできるようになるのよ。



自分の身の回りのことが少しづつできるようになると、自らすすんでお手伝いをしたり
人の気持ちを敏感に感じとり『だいじょうぶ!!』と顔をのぞきこんだりしたときには

『ありがとう!! とても助かったよ!!』とか
『やさしくしてくれて、ありがとう!!』と伝えることで

自分が人のために役にたつことができたことに、気持ちのいい『満足感』を覚えるようになり
この『満足感』が自分の『存在価値』を高めていくようになるのよ。


もし・・

目の前に危険や困難や障害物があらわれたときは
その子に見合った安全を確認しながら体験させることによって・・

自分にとって、何が危険であるかがわかるようになり
どうすれば、困難や障害物から逃れたり、身をかわしたりできるか、また、乗り越えていけるかを学ぶことができるのよ。

そこで味わった痛みや苦悩が『何とかそこから抜け出したい』というバネになり・・

自分のあたまであれこれ考えたり悩んだり・・
実際にからだを動かしてあれこれ頑張ってみたり・・
どうしても、うまくいかないときは、人にアドバイスや助けをもらいながら・・
その困難を乗り越えられるまで頑張ってみることで『へこたれない強さ』を身につけるられるようになるのよ。


さらには・・

どうにもならないときには、必要な助けを求めることは、甘さでも弱さでもでもなく・・
困難を乗り越えるためには、『人の助けを求めることもたいせつ!!』ということに気づくことができるのよ。

誰も一人では生きていくことはできないの。

だから、困難なときこそみんなで支えあい・助け合いつながることで困難を切り抜けたり・乗り越えたりできること、また、こうやって絆を深めていくことができることに気づくことができるのよ。

このように、人と支えあい助けあいながら、つながって生きることが『自立』であり・・
自分の力と人の愛を『信頼』することが、『自立』には不可欠なことがわかるようになっていくのよ。

この『自信』と『信頼』が・・
困難を乗り越え、自分の信じる道を切りひらいていくための『軸』になっていくのよ。


これらの体験のどれもが・・

『知恵』や『強さ』や『自信』をあたえ『あまた』も『からだ』も『こころ』も鍛えられたくましくなっていけるのよ。


この時・・

傷つくことや失敗することを恐れ、親が先回りして、障害物を取り除いてしまったら
成長するチャンスを横取りしているようなことになってしまうのよ。

嵐や日照りにも負けず
やってくる虫や菌にも負けない強さを身につけるチャンスは奪われ・・
『自立の芽』は摘まれてしまことになるのよ。

これは、親が、子どもの『種の力』を信じ切れていないということでもあるから・・

親は、子どもの『種の力』を信じ、じっと『見守り』ながら必要な時に必要なサポートを必要な分だけあたえることがたいせつになるのよ。


親が子どもを『見守る』ときに気をつけることは・・

越えられそうもない障害物を取り除かなかったり
親の気分で優しくしたり、厳しくするような関わりをすると

子どもは安らぐことができず・・

たえず、緊張していて、恐怖におびえ、親のご機嫌をとるためにウソをつくようになり
情緒が不安定になってしまうのよ。

こういう『種』は、自分の『種』の素晴らしさを信じるどころか

傷ついた『種』をかかえたまま、生き抜くために、あれこれ考える『あたま』の方を大きくさせて
子どもらしさを体験することなく、うまく成長できなくなったり・・

自分に自信がもてず、人を信頼することもできないまま
クネクネ曲がってしまったり、弱々しくなったりして、花を咲かせることができなくなってしまうのよ。

だから・・

こどもにとっての困難や傷つくことを恐れすぎず・・

こどものしたいこと・やりたことを安全に思う存分させてあげて・・
こどもの気持ちをいつでも受けとめるようにして・・

『温かいやさしさ』と『ゆったりした見守り』をたっぷりあたえることで・・

『自我』は自然に育っていき・・

自分は『ありのままでいてよくて、やりたいことをしていい、いいたいことを言ってもだいじょうぶ!! それでも、愛される!!』という『自信』がもて『自尊心』や『自己肯定感』や『存在価値』が高くなっていくのよ。

こうして・・

『こころ』も『からだ』もじょうぶに育つようになると
自分も人もたいせつにできる『思いやり深いこころ』が育ち

まわりにいるお友達や両親以外のおとなたちとの関わりも自然に身につくようになるのよ。



さきほどの・・

親が、子どもの『種の力』を信じ切れていないということの裏には、実はこんなことが潜んでいるのよ。

それは・・

親自身が、自分の『内なる傷ついた子ども』のことをわかってあげようともせず・・

『内なる傷ついた子ども』の傷を癒そうともせず・・
『内なる傷ついた子ども』を怒らせたり泣かせたりしたままにしているため・・

目の前の子どもを自分の都合のいいように無意識のうちにコントロールしては
自分で自分の欠けている愛を満たそうとせず、こどもに満たしてもらおうとしてしまい

こどもが自分の都合のいいようにいかないと・・
こどもを怒ってみたり、こどもに泣いてみせたりして・・

『子離れ・親離れ』できなくさせ、子どもを巣立たせなくさせてしまうのよ。


けれど、ここで・・

親が子どもの『種の力』を信じて、困難に向き合わせじっくり見守り
監視や干渉ではなく、観察しながら応援し、支え励まし、必要な助けをすることができれば・・

子どもは、自分の力で困難を乗り越えられたことに
『自分はできる!! 自分は強い!! 自分は素晴らしい!!』という『自信』をもつことができるようになり・・

不思議なことかもしれないけど・・
実は、お父さんとお母さんの『内なる傷ついた子ども』を『おとな』に成長させることができ、傷を癒すことにつながっていくのよ。

手助けすることの方がたやすく、子どもを信じて見守ることの方がずっと難しいことかもしれないけれど
目の前の子どもと向き合い、子どもの『種の力』を信じることで・・

親の魂の器は大きくなり、自分の『内なる傷ついた子ども』である『影』と統合でき、本来の自分を取り戻すことができるようになるのよ。

すると・・

こどもも親も生きていることは、もっとワクワク楽しくなり、命はいっそう輝きだすようになるのよ。




神様から授かった命(種)を無事に自立させ巣立たせ・・
神様の『源』にお還しすることができれば・・

『神様から授けられた仕事』はまっとうできたことになり、親も子どもも『お互いさまのおかげさまのありがとうだったね』とこころから感謝でき『真実の愛』を学ぶことができるのよ。

赤ちゃんから歩けるようになるまでの子どもの時期はもっとも愛らしく・・
子どもの成長をまじかに感じ、成長するよろこびを味わうことができるのは・・

まさに、神様があたえてくれた『最高のギフト』であることがわかったかしら・・。

それを、みすみす人の手に渡してしまうなんてもったいない。


こんなに素晴らしい子育てをお父さんとお母さんが、気持ちよく楽しくできるように・・

赤ちゃんが立って自由に歩ようになるまでの間は、どのお父さんもお母さんも
こころよく産前・産後の休暇がとれるようなやさしい社会になるといいなぁ~とハッピーは思っているの。

子育てを経験したお父さんもお母さんも、人として成長することができ、夫婦の絆も強めることができるから・・なのよ。

こうして・・

仕事復帰が気持ちよくできるようになれば、子育てを社会に還元することもでき
すべてが良い方向にまわっていくように感じているの。

それにね・・

お母さんだって、お父さんと同じで・・

自分の夢をあきらめることなく、社会とのつながりをもちつながら・・
子育てと自分の仕事のバランスをとり輝いていくことがこれからの生き方になっていくように感じているの。

お父さんとお母さんが協力しあって、共に輝きながら・・

愛情をたっぷり注がれ育った子どもたちは、そんなお父さんやお母さんの姿をみて育つため・・
みんなが輝いていけるような思いやり深い人に成長し、思いやり深い社会を築いていくことができるようになるはずよ。

このよい連鎖が次の世代に引き継がれていけば・・
すべての調和が生まれるような世界になっていくとハッピーは思っているの。

『誰もが、結婚や子育てに自信がもてるようなやさしい社会になるよう、みんなで意識を変えていけたらいいなぁ~』とハッピーは願い・祈ります☆彡。



『種』を育て、『花』を咲かせるのは・・
『信じるこころ』。


e0034540_17553080.png
『種』のもっている『素晴らしさ』と『強さ』を知り・・  
  
 その『種の力』を信じて・・

 神様を信じて・・
 人を信じて・・

楽しく上手にできることに、ワクワクしながら精をだすことで・・
神様から『授けられた仕事』をしていることになり・・

『花』を咲かせることができ・・

命を美しく輝かせて生きていくために必要なものは・・
なんでも神様からいただけるようになるのよ。


そして・・

どんな命も、生まれてから天国にめされるまで・・
神様から『授けられた仕事』にワクワクと精をだすことで、命は、イキイキと輝き、ずっと元気でいられるのよ。


お年寄りも、今までの経験をいかせるような仕事や楽しく打ち込める趣味があると・・
それらが『生きがい』や『生きる糧』となり、生きることに『よろこび』と『張り合い』がもてて

そこで、生みだされたものから得た『達成感』が自分で立って生きる『自信』につながり
いつまでも『自立』して輝いて生きていくことができるようになるのよ。

さらに、お年寄の知恵や経験を活かし子どもたちと交流できれば・・

子どもたちは、先人の知恵を学ぶことができ
お年寄りは、みずみずしい感性をもった子どもたちとの触れ合いにより、脳を活性化できるわよね。

勝手が違うもの同士の触れ合いにより、お互いの違いを認めあうことで・・
思いやりの気持ちをもつこともでき、良い刺激を交わしあうことができるようになるわよね。

こんなふうに、古いものと新しいものが交わることで、よきものが生まれることも素敵なことよね。


『愛のもと』・・

それは・・

生命を生み出すお父さんとお母さんの『無条件・無償の愛』(家族の愛)が・・

命に・・『愛の元』になる栄養をあたえ
命を・・『愛の源』に還すことにある。



地球や宇宙の愛とつながる・・
自由と自立』ものぞいてみてね。















[PR]
by m-happa | 2016-06-01 16:46 | ムート&フレンズ | Comments(0)

『Natural & Simple・Easy・Relax !! 』にをモットーに毎日を自分らしく楽しく・美味しく・心豊かに暮らしています。           こころのままに 気分よくハッピーに・・☆


by m-happa