こころ&体&健康

木の芽時の食事と生活術

木の芽時は、中国医学的にいうと「肝」が過剰に働き、トラブルをまねきやすくなるようです。

春になると自然界のエネルギーが活動を始め、人間も心身の働きも活発になるのにともない自律神経系や運動神経系の働きも乱れやすくなります

また、心と体がスムーズにはたらくために欠かせない目の働きとも関係があり、この働きがうまくいかなくなると、疲れ目やイライラ、だるさ、うつ状態をまねくことになったりします。

2年前のちょうどこの時期に私はすごく苦しんでいました。
それが、中国医学に惹かれるきっかけともなりました。

とにかく、ひどい目の痛みと頭痛がおそい、また軽いうつ状態にもなってしまいました。
でも、この「」のトラブルが原因の一つだったことに合点しました。

当時はホームページ作りやweb日記に夢中になり、寝食も忘れ、それこそ1日10時間以上もパソコンにかじりついている日々だったのです。まっ、これほど熱中する自分にも驚きましたが、自然に食事もおろそかになり、外にも出ず、パソコンしっぱなしの春という季節を迎え、「肝」のトラブルにとっては、最高の条件をそろえてしまったようなものです。

この状態から抜け出すのに少々時間がかかったので、今は、食事と生活の仕方に気をくばるようになりました。

そういえば、若い頃から、なぜか春から梅雨時にかけて、ファンデーションの色が合わなくなり顔の色が冴えない事を感じていましたが、これも「」の影響なのでした。

肝のトラブルで血行がわるくなり、くすみやシミの原因になってしまうのです。
美容にも大敵です。

また、血行がわるくなるのだから、肩こりや腰痛もでてきます。


なので、このあたりを改善できる食べ物を紹介します。

「肝」を補う食品・・・
酸味のある食べ物(果物、ヨーグルト、ピーマン)、貝類、緑が濃い野菜(葉っぱもの)、レバー、うなぎ、えび、いか、海草、ナッツ類。

血行をよくする食品・・・
豆類、青魚、辛味や香りのあるもの(ねぎ、にら、にんにく、青しそ、たまねぎ、らっきょうなど)、ごま。

そこで我が家の蓬を使って早速こんなものを作ってみました。
e0034540_841662.jpg

緑の濃い野菜として蓬のサラダ
新芽をつかっているので、ほとんど苦味やえぐみもなく他の野菜ともなじみます。塩と酢、ブラックペッパーだけのシンプルな味付けで体の浄化にも良いサラダになりました。

豆類としてきんとん風白花豆と蓬で和のスイーツ
蓬餅のような手間をかけずに刻んだ蓬を小麦粉で焼いたものに手づくりの白花豆きんとんをまいただけの簡単な和菓子です。

蓬の良い香りやほろ苦さは旨みとして出てきませんでしたが、新鮮な蓬を食べられるおやつとしては良しって感じでした。

昔の人は、この蓬で体のなかの汚くなった物をきれいにしたものなんだよ」とおばちゃんから聞いたことがあり、それ以来、新鮮な蓬を食べるようになりました。

この話のとおり、解毒や浄化も必要な季節です。
白湯なども積極的に飲んで、体の中をクリーニングしましょう。

生活術として・・・
ストレスをためこまないためにも、ゆっくりと深呼吸をしたり、ゆっくりと香りのよいお風呂につかったり、趣味やスポーツに集中してストレス解消につとめたり、陽気がよくお花も咲き出す春のお散歩もリラックス効果があります。また、お笑い番組など笑いをさそう楽しいものに触れるのも緊張をほぐしてくれます。

規則正しい生活と1日の疲れをその日のうちにとる小さな心がけさえあれば、good かと思います。

こんな風にして、花や緑の美しい季節を快適に過ごす工夫をしてみてはいかがでしょうか・・。



  ←クリックして頂けると励みになります。そして感謝です(^^。
[PR]
by m-happa | 2006-04-18 08:51 | こころ&体&健康 | Comments(0)

『Natural & Simple・Easy・Relax !! 』にをモットーに毎日を自分らしく楽しく・美味しく・心豊かに暮らしています。           こころのままに 気分よくハッピーに・・☆


by m-happa