食いしん坊

美味しいお肉と一人鍋いろいろ ②  

今朝は、寒いっ!!
まだまだ寒さは続く、暖かいお鍋で温まろう・・・。

昨晩は、楽しみにしていたすき焼きで、松阪さんを堪能した。
一人鍋なので、具材は火の通りをよくするために、薄めに切っておく。
これで、パクパクと頂くことができる。

白菜、棒ネギ、椎茸はできるだけ細めに切って、えのきだけ、お豆腐、さらに白滝のかわりにこんにゃくを薄く切って添えた。こんにゃくはツルツルしていて私の好み(喉にもつかえないし・・)。

水、酒、ほんだし、塩までは昨晩と同じ、今晩はすき焼きなので、砂糖を適量に、醤油とみりんを少々、さらにラードを加えた。ここに具材を入れ、煮はじめる。やや薄めの味にしておく(その訳は後ほど・・)。

煮上がったところでいよいよ松阪さんを入れる。
e0034540_7434377.jpg

どうです・・・もう5秒も数えたら、食べごろです。

ここで登場するのが、昨日作ったのと同じタレ・・・すき焼きのわりした風たれ。
このタレは、砂糖、醤油、酒、水をチンしたもので、味のポイントは甘めの濃いめにする。さらに私は、ブラックペッパーを入れておく。ピリッとして美味しくなる。

まず、タレにお肉をくぐらせ味をビシッとしめる→次に玉子で軽くからめ→しばし、お肉をながめた後、いよいよお口に投入!!

う~ん
目をつぶって味わう、そしてしばし黙り込む。
人は、本当に感動すると言葉を失う

e0034540_7371257.jpg

さっきスープを薄めにしておくこと言ったのは、実はこのタレにあった。(他にも理由があり、後記してます)

野菜などは、スッキリ味で頂きたいので、そのまま何もつけずに頂くのもありだったり、玉子だけをくぐらせるのもあり。

また、お肉は、少し甘めの醤油で味を決めたいから、このタレをつける。

と、こんな具合に味にヴァリエーションとニュアンスをつけることができるのね。

さらに、このたれのすごさは続く・・・。
このたれにお餅をくぐらせるという単純な技をしてみる。
称して、すき焼き団子
e0034540_882448.jpg

これっ、ちょっとお試しください。すごく美味しいです。
お子ちゃまにも大うけ間違いなし。


さぁさぁ、一人でこんなに楽しんできたすき焼きもいよいよフィナーレが近づいてきた。

椎茸を少し残したスープにご飯を入れ、残った玉子を軽くかきまぜ雑炊へ・・・。
これが、また美味しいですよね~。
ここでも、スープを薄めにしておいたのが良い塩梅で効をなす。
e0034540_8461240.gif

こんな風にして、松阪さんを堪能した2日間も楽しく幕を閉じた。


一つのお鍋でも、自分流をちょっと吹き込むだけで、こんなに楽しくなってしまう。
やっぱ、お鍋っていいものですね。

そうそう、おかげでお肌もツルピカになってました☆。



  日本ブログ大賞2006のライフ部門

↑今日のはどうでしたか?美味しそうだと思ったらクリックお願いします(^^。
この1クリックに励まされ、感謝いたします。
[PR]
by m-happa | 2006-01-19 08:42 | 食いしん坊 | Comments(0)

『Natural & Simple・Easy・Relax !! 』にをモットーに毎日を自分らしく楽しく・美味しく・心豊かに暮らしています。           こころのままに 気分よくハッピーに・・☆


by m-happa