アダムとイブ、『コントロールの世界』を知る・・


アダムとイブの子孫は、『赤いハート』を引き継いで、世界に散らばっていきました

厳しい自然環境をくぐりぬけ、よりたくさんの食べ物と安全な住み家を求めるために・・
『知恵=あたま』はつかわれ、道具をつくる『手』はどんどん器用になり・・
『あたま』と『手』をつかって、暮らしをより快適にするために脳を発達させていきました。

男性たちは狩りを効率よくして、安全に暮らすための『あたま』と『からだ』を発達させ進化し・・
女性たちは、子育てと家事の効率をよくし、より快適に暮らすための『あたま』と『からだ』を発達させ進化していきました。

また、集団で生活することが、より安全で豊かな生活ができることを知るようになると、みんなで協力しあって生きていくための『決めごと』が生まれるようになりました。

生存や子孫繁栄のために有利なことは、『いいこと=善』・・
危険なことや食料がなくなること、『決めごと』を破ることは、『悪いこと=悪』・・
として、『善悪』を判断する『あたま』は発達していきました。

e0034540_4164614.png
集団のなかでは、腕力や知恵にたけた者は、みんなをまとめおさめる『役割』をするようになり、『権力』をもつようになりました。

部族のなかでは、酋長が、家族のなかでは、父親が、『権力』をもつ『役割』をになうようになりました。

みんなが平和に暮らせる世の中をつくることが、権力者の『役割』でした。

けれども・・
権力者のなかには、みんなの利益より、自分の私腹を肥やすための『決めごと』をつくる者が現れ、自分の意のままに、民たちを支配・監視・干渉するようになり、『権力と支配』の世界が広がっていきました。

神様からあたえられた自然にわきあがる『恋する気持ち』や『情熱』を発揮して、自分の花を咲かせて生きることで民衆が『力』をもつことは、権力者にとっては自分たちの生存を脅かすものでしかなかったため・・

民衆が自分の花を咲かせて生きることができないような『決めごと』で民衆たちをしばりました。

e0034540_15410171.png
自分の持てる力を発揮して、愛情豊かに人間らしく生きることを・・
さまざまな『決めごと』が禁止するようになり・・

権力者が決めた『決めごと』によって・・
人々は、理不尽な『罪と罰』をあたえられ・・
『決めごと』を破ったものは、罪人として罰せられるようになり・・

『罪悪感』を背負わされるようになっていきました。

『決めごと』に逆らっては生きていけないように教え込まれ、教育させられた民衆たちは、この『決めごと』が生み出した『罪悪感』を背負わされて生きることが、当然であるかのような『思い違い』をすりこまされて、盲目的に生きるようにさせられていきました。

********************************************

やがて・・
いくつかの部族が土地をめぐって争うようになり、人々は、ますます『権力と支配』のために本当の自分を生きる自由を奪われるようになっていきました。


e0034540_16041743.png「部族や家族のため、あなたのため!!」などと言い聞かされ、自分の芽は摘まれ、自分ではない『種』を生きるようにさせられ・・

自分のもっている力を奪われることで・・
自分に自信をもつことができなくなり・・

e0034540_16204337.png

『いい子いい人でなければ、生きる資格がない』ような教育のもと『人が望むように生きることで自分は安全に守られ、すべてがうまくいくのだから、これでいいのだ』と自分に言い聞かせ・・

自分の傷ついたこころをどうすることもできず、人をよろこばせることでしか自分の生き方を見出せなくなってしまったのです。


一見すると、やさしいお母さんが子どものためにしているように見えることでも・・
実は、子どもを自分の所有物のようにあつかい、自分の思いどおりにしようとしたり、自分のペットのようにかわいがり、子どもがを自ら伸びようとしている芽をつみとり・・

自分が描いた理想像に子どもをしたてようとする『スパルタママ』や・・
なんでもしてあげて、なんでもほしいものをあたえる『過保護ママ』のようになって・・
自分の意のままにして、子どもの自主性や自発性、自ら育っていこうとする力を奪っていきました。

こうして、力の弱い者は、傷ついたこころをしまいこみ『自己肯定感』は失われていき・・
女性性のバランスが過剰にいき過ぎ、男性性は抑圧され、男性性と女性性のバランスは崩れていきました。

また・・
e0034540_16362949.png
自分の存在そのものや自分の『性』を否定されたり・・
おとしめられたり、傷つけられたりして・・
人間としての尊厳や『こころ』と『からだ』は傷つけられ・・

自分の価値を踏みにじられてしまったことで・・
生きる希望や夢を失い・・
e0034540_17133573.png

傷ついた『こころ』は、最初は支配にはむかったものの、自分の力ではどうすることもできないことを知ったとき『力が弱い自分は、人のいいなりになって生きるしかないのだ』と自分に言い聞かせ・・

傷ついた『こころ』をかかえたまま、支配に従うしかなくなってしまったのです。

厳格で厳しいお父さんは、自分の主義主張を子どもや妻に押し付け、親に刃向かう者は人間として失格であり、恋愛や日頃の行動まで、お父さんの監視のもと自由にすることは許されず、親が決めた人と結婚することが決められ、自然にわきあがる『恋する気持ち』や好きなことを楽しんで生きる『情熱』はすべて干渉され、ねじまげられ、ゆがめられていきました。

こうして、力の弱い者は、傷ついたこころをかかえたまま『自尊心』は失われていき・・
男性性のバランスが過剰にいき過ぎ、女性性は抑圧され、男性性と女性性のバランスは崩れていきました。

********************************************

このような家族の『所有』と『支配』の『コントロールドラマ』は、国や世界の縮図でもあり・・
生存と子孫繁栄の『食と性』による、生き残りをかけた争いは、ますます男性性と女性性のバランスを崩していきました。

家族や愛する者たちの笑顔を守る男性性の気(エネルギー)は、人間どうしが戦い傷つけあうマイナスの方向につかわれるようになり、より一層、男性性が優位な世界になっていくと、実は、男性性は傷ついていきました。

愛している夫やたいせつに育てあげたかわいい我が子を戦場におくり出す女性の悲しみは、はかり知れなく、さらに、男性に従うばかりで自分を生きることなど決して許されなかった女性性は深く・深く傷ついていきました。

また・・
オスの性をもった男性にとっては、領土をめぐって争う戦いと女性をめぐって争う戦いは、縄張り争いとメスへの求愛の争いのごとく、生存と子孫繁栄の生き残りにかかわることであり・・

領土をめぐる争いと身分の違いは・・
純粋な恋心をいだき愛しあっていたアダムとイブを引きさきました。

また・・
自然にわきあがる純粋なアダムとイブの恋が争いをひきおこし、戦乱を招くこともありました。

こうして・・
純粋に愛するアダムとイブの『こころ』はひどく傷つき、自然に湧きあがる純粋な『恋する気持ち』はそがれていきました。

さらに・・
身分制度や『権力者』が決めた仕事にするほかなく、好きなことや得意なことを仕事にすることが許されない時代が長く続くと、自然にわきあがる純粋な『情熱』をもって、夢や希望を抱くことをあきらめざるをえなくなりました。

言論や行動の自由はあたえられず・・
生存と子孫繁栄の『食と性』による、生き残りをかけた『善悪』や『損得』をはじきだす『あたま』をつかわずには生き残れなくなったことにより・・

自然にわきあがる『食と性』の欲求は、いつしか、はしたないものとして教え込まれ、抑圧され・・
『罪悪感』を抱かせるものとなってしまったため・・

もともと自然のものである『こころ』と『からだ』は傷つき・・
自分を尊ぶことができなくなっていきました。

人間らしく生きようとすることが、権力や支配に逆らうことになり・・
権力や支配に逆らう者は、容赦なく命を奪われる時代を生きぬくためには・・

自然にわきあがる人間らしい判断より・・
時代の渦に流され、従うことでしか生きられなかったのです。

こうして・・
アダムとイブの『こころ』は、残虐なことや悲惨なことにも慣れ、麻痺していき・・
やがて、人や自分の『こころ』と『からだ』を傷つけることも平気でしてしまうようになっていきました。

自分の満たされない思いやさみしさを埋めるため・・
神聖だった『食と性』の欲求は、人の尊厳と品位を傷つけるものへと変容していき・・
『こころ』と『からだ』をたいせつに健やかに保つことができなくなっていきました。

********************************************

このような『コントロールの世界』では・・
純粋な『恋する気持ち』や『情熱』が自然に湧き上がる自分の本当の『こころ』と『からだ』の欲求は置き去りにされ・・

過去の経験から、無意識のうちに『生存』や『自己防衛』に有利になる・・
『善悪』や『損得』をはじきだす『あたま』をつかって・・
人を愛するようになった『本能』の方が『神聖な本能』より優位に働くようになっていきました。

上の絵でいうところの・・
神聖な『本能の欲求』(オレンジ)が『善悪』や『損得』をはじきだす『あたま』(ロイヤルブルー)につながり、純粋な『恋する気持ち』や『情熱』が宿っている『赤いハート』は端っこだけが触れているのにすぎない状態になってしまいました。

この『コントロールの世界』にはまりこみ、盲目的に黙って、坂道をのぼっていくしかないアダムとイブは・・

力がある者と力が弱い者が、『所有』と『保護』、『支配』と『服従』の上・下関係のなかで・・
アダムとイブを『共依存の関係』にし、さまざまな『コントロールドラマ』のなかで・・
ふたりの足腰を弱くして、自由に生きる『自立』をはばみました。


e0034540_16352050.png

神様は、アダムとイブがこのようになっていくことを最初からわかっていたので、ヘビをおともにつかわしました。

こうして・・
アダムとイブは、ヘビとともに『コントロールの愛』を学ぶようになっていきました。



コントロール 』ものぞいてみてね。














[PR]
by m-happa | 2016-09-27 14:50 | Comments(0)

『Natural & Simple・Easy・Relax !! 』にをモットーに毎日を自分らしく楽しく・美味しく・心豊かに暮らしています。           こころのままに 気分よくハッピーに・・☆


by m-happa