ムート&フレンズ

『真実の愛』を生きていたアダムとイブ・・



e0034540_16003203.png
エデンの楽園で暮らしていたアダムとイブは、しあわせに生きていくために必要な『赤いハート』と『食べ物』をあたえられ、ありのままの姿でなんの過不足もなく、こころ安らかに自由な日々をおくっていました。


e0034540_16091012.png
お花の種は、神様から・・
お日様の光、空気、雨がもたらす水、土から栄養をもらって・・
自らすくすくと芽を伸ばして、お花を咲かせます。

お花は、めしべとおしべをそなえ・・
自然(神様)の力をかりて、受精して実をつけます。

アダムとイブは、そんなおしべとめしべのように、一心同体の仲良しで・・
神様からの恵みを、ただありがたくいただくだけで、子どものように無邪気に日々を楽しく命を輝かせていました。
e0034540_12105675.png

ふたりとも自分たちの『性の違い』を特に意識することもなく・・
見られているという『自意識』もなかったので、お互いにありのままの『自然体』で安らぎリラックスしていました。


赤いハートの『まごころの愛』で満たされていたふたりは、ただ、一緒にいるだけで、とてもしあわせでした。


e0034540_16475736.png

ふたりは、お互いを尊重し補いあえる最高のカップルであり・・
男性性と女性性のバランスが完璧なひとつの魂でした。

ふたりの愛は、生命の『源の愛』そのものでした。





e0034540_12234271.png



そんなある日、ヘビにそそのかされたイブは、知恵を授かる『禁断の果実』を食べてしまい、アダムもイブにうながされるがままに、同じ『罪』をおかしてしまいました。

神様は、『禁断の果実』を食べたふたりに『罰』として・・
一心同体だった『性』を切り離し、ふたりを楽園から追放することにしました


さらに・・

アダムには、『生存』のために『食』を捧げる・・過酷な労働を
イブには、『子孫繁栄』のために『性』を捧げる・・産みの苦しみを
それぞれに『役割』として背負わせることにしました。

この時から・・

どんな苦難があろうとも、生き抜いて優秀な子孫を残すことがふたりの『使命』となりました。

けれども、もともとやさしい神様が、ふたりに『苦しみ』だけをあたえるはずもなく・・

『生存』のための『食』・・
『子孫繁栄』のための『性』には・・

アダムとイブの『こころ』と『からだ』に大きなよろこびと心地よさを味わえるような『快感・快楽』が授けられました。

こうして・・

『食』と『性』は、ふたりの『使命』をまっとうするための『本能の欲求』となりました。

e0034540_13001066.png
『本能の欲求』が芽生えるようになったふたりは
お互いを求め必要とする『恋する気持ち』が自然にわきあがるようになり・・

楽園にいたころは、お互いの『性』を意識することなく暮らしていましたが、見られていることが恥ずかしくなってしまいました。


その一方、カッコいい自分や素敵な自分を相手に見せ好かれたいと思うようになりました。

e0034540_17512955.png『快感・快楽』をともなった『本能の欲求』は
ふたりにとって『生きる力』をみなぎらせるものであり・・

(+)と(-)の磁石のようにあらがうことができない大きな力(性エネルギー)となって、ふたりを惹きつけ、生涯、ふたりをコントロールしました。

けれども、そのおかげでふたりは仲良しのラブラブでとてもしあわせでした。

神様は、楽園で暮らしていたころのしあわせな気分を忘れてほしくなかったのです。




アダムは、外で狩りをしたり、家族の安全を守る力仕事が上手に楽しくできました。
イブは、子どもを育てたり、農作物を育て収穫したり、家族が気持ちよく暮らせる家事が上手に楽しくできました。

ふたりにとっては・・

神様から背負わされた『役割』が思いのほか、上手に楽しくできたので、この『役割』に満足し、よろこびを感じていました。

それに・・

それぞれの『役割』を果たすことで『生き甲斐』と『生きる糧』を得ることができたので、これは、神様から『授けられた仕事』なのだと感謝しながら、精一杯、励むことができました。

とはいえ・・

厳しい自然環境のなかで生きていくことは、命の危険ととなりあわせの日々でもありました。

e0034540_15134845.png
神様があたえてくれる自然の恵みに感謝しながら・・
すべての生き物たちと共存・共栄し無事に生きていけるよう祈りをささげることが日課となりました。

生きることは・・
ほかの生き物たちの命をいただくことであり、こうして生かされることは、神様と自然と密接につながらずにはいられなかったからです。

e0034540_16074333.png

そんなふたりにとって・・
子どもを育てることは、大きな癒しとよろこびをもたらしてくれました。

くじけそうになるときも、子どもの笑顔で励まされ『生きる力』をもらうことができました。

子どもは、ふたりにとって神様から授けられた『宝物』であり・・
愛することを深く教えてくれる『教師』でもありました。

子育てをとおして・・

e0034540_16132386.png
アダムもイブも、自分にはできないことを相手ができることの素晴らさに気づき、敬うことで、お互いの違いを認めあい対等に尊敬しあうことができました。

そして、どんなことでも、ふたりで本当の気持ちを伝えあい話しあって、困難を乗り越えていったため、ふたりの絆は深められていきました。


ふたりの愛をたっぷり受けて育った子どもたちは・・
自分のことも人のこともたいせつに愛することができるおとなへと成長していきました。

子どもたちが巣立つときは・・

さみしい気持ちもありましたが、子どもたちが自分たちの家族をもって、自分たちのように仲睦まじくしあわせな家庭を築き子孫を残してくれることをこころから願い、そうなることが何よりの親孝行だと思いました。

神様から授けられた命をたいせつに育てあげた『達成感』と『無条件・無償の愛』を学ばせてもらえたことに深く感謝し、『お互いさまのありがとうだったね』と子どもたちと笑顔で感謝を伝えあいました。

こうして・・

子どもたちは、それぞれの家族をつくるために巣立っていきました。
子どもたちを神様のふところにお返しできたアダムとイブは、『使命』をまっとうすることがきました。



e0034540_13360222.png

アダムとイブは、それぞれがもてる力を最大限に発揮して

お互いに励ましあい協力しあうことで
お互いに補いあい光輝き・・

お互いの花を美しく咲かせ、実を結ぶことができました。


アダムとイブにとって、『禁断の果実』を食べたことで授かった『知恵』は・・

厳しい自然環境のなかで生き延び、子孫を残し、すべての生き物たちと共に暮らしていくためにつかっていたので、『赤いハート』は傷つくことなく『まごころの愛』を生涯、たいせつに貫いて生きることができました。

なので、この知恵が、時を経るにつれて『損得』や『見返り』を求めるためにつかわれるようになるとは、夢にも思いませんでした。

e0034540_16352050.png



神様からあたえられた『使命』をまっとうしたアダムとイブは・・
命が終わりを迎えるとき、離れ離れの魂になって、長い旅に出ることになりました。



e0034540_16422911.png

それぞれに、花を咲かせるための小さな芽をつけて
深い眠りに入りました。


e0034540_17115325.png

『分離の幻想』の宇宙をさまよい・・
また、再びめぐりあい『ひとつ』になることを夢見ています。

e0034540_16451838.png

アダムもイブも、それぞれに『コントロールの愛』を学び
『真実の愛』がいかなるものだったかを思い出し、再び楽園に還ることができるでしょうか・・

神様は、ふたりを天から応援し見守っています。









[PR]
by m-happa | 2016-09-27 14:48 | ムート&フレンズ | Comments(0)

『Natural & Simple・Easy・Relax !! 』にをモットーに毎日を自分らしく楽しく・美味しく・心豊かに暮らしています。           こころのままに 気分よくハッピーに・・☆


by m-happa