「ほっ」と。キャンペーン

『真実の愛』を生きていたアダムとイブ・・



e0034540_16003203.png
エデンの楽園で暮らしていたアダムとイブは、しあわせに生きていくために必要な『赤いハート』と『食べ物』をあたえられ、ありのままの姿でなんの過不足もなく、こころ安らかに自由な日々をおくっていました。


e0034540_16091012.png
お花の種は、神様から・・
お日様の光、空気、雨がもたらす水、土から栄養をもらって・・
自らすくすくと芽を伸ばして、お花を咲かせます。

お花は、めしべとおしべをそなえ・・
自然(神様)の力をかりて、受精して実をつけます。

アダムとイブは、そんなおしべとめしべのように、一心同体のような仲良しで・・
神様からの恵みを、ただありがたくいただくだけで、子どものように無邪気に日々を楽しく過ごし、命を輝かせていました。

e0034540_12105675.png
純粋な『まごころの愛』で満たされていたふたりは、ただ、一緒にいるだけで、とてもしあわせでした。

ふたりとも自分たちの『性の違い』を特に意識することもなく、見られているという『自意識』もなかったので、お互いにありのままの『自然体』で安らぎリラックスしていられました。

e0034540_16475736.png

ふたりは、男性性と女性性のバランスが完璧なひとつの魂であり・・
神様の愛に身をまかせているだけで・・・
お互いを尊重しあい補いあえる最高のカップルでした。

ふたりの愛は、生命の『源の愛』そのものでした。

********************************************

e0034540_12234271.png


そんなある日、ヘビにそそのかされたイブは、知恵を授かる『禁断の果実』を食べてしまい、アダムもイブにうながされるままに、同じ『罪』をおかしてしまいました。

神様は、『禁断の果実』を食べた『罰』として・・
ふたりの『性』を切り離し、ふたりを楽園から追放しました。


この時・・
アダムには、『生存』のために『食』を捧げる過酷な労働を・・
イブには、『子孫繁栄』のために『性』を捧げる産みの苦しみを・・
それぞれに背負わせることにしました。

もともとやさしい神様が、ふたりに『苦しみ』だけをあたえるはずもなく・・

生きて子孫を残す『食と性』に『快感・快楽』を授け『本能の欲求』となるようにしました。
『快感・快楽』は、アダムとイブの『こころ』と『からだ』に最も大きなよろこびをあたえるものとなりました。

e0034540_13001066.png

楽園にいたころは、お互いの『性』を意識することなく暮らしていましたが・・

『食と性』の『本能の欲求』は、ふたりに『恋する気持ち』をわきあがらせ、ふたりを磁石のように惹きつけました。


e0034540_15044352.pngふたりにとって、『食と性』の『本能の欲求』と『恋する気持ち』は、とうてい抵抗することができない大きな力(エネルギー)でふたりを惹きつけ、生涯、ふたりを切っても切れない力でコントロールしました。

けれども、そのおかげで、ふたりは生涯、仲良しのラブラブでとてもしあわせでした。


アダムは、外で狩りをしたり、家族の安全を守ることが『生き甲斐』となりました。
イブは、子どもや農作物を育てたり、家族が気持ちよく暮らせる家事をすることが『生き甲斐』となりました。

ふたりは、それぞれが楽しく得意にできることを『仕事』にすることができ、それがお互いの『役割』になり、毎日、よろこびに満ちていました。

e0034540_13360222.png
この仕事は、神様から『授けられた仕事』なのだと・・
感謝しながら精一杯、励みました。

こうして、それぞれがもてる力を最大限に発揮して・・
補いあい協力しあうことで、自分の花を咲かせ・・
実を結ぶことができました。

e0034540_15134845.png厳しい自然環境のなかで生きていくことは、命の危険ととなりあわせであり、神様があたえてくれる自然の恵みとほかの生き物たちの命をいただくことで、生かされていることに感謝しながら、すべての生き物たちと共存できるように『祈りをささげる』ことが日課になりました。

こうして、神様と自然と密接につながって生きていました。

e0034540_16074333.png

子どもを育てることは、ふたりにとって、一番大きなよろこびでした。
そして、子どもは、ふたりにとって神様から授けられた『宝物』であり、愛することを深く教えてくれる『教師』でもありました。

こうして、子育ては、愛と絆を深める学びとなりました。

e0034540_16132386.pngふたりにとって、お互いの違いを認めあい、自分にはない素晴らしいところに敬意をはらうことで、対等に尊敬しあうことができました。

どんなことでも、ふたりで話しあって乗り越えてきたため、ふたりの絆を深めることができました。

こうして、ふたりの愛をたっぷり受けて育った子どもたちが巣立つときは、神様から授けられた命をたいせつに育てあげた達成感と見返りのない愛を学ばせてもらえたことに深く感謝し、『お互いさまのありがとうだったね』と子どもたちと笑顔で感謝を伝えあい、神様のふところにお返しすることができました。

さみしい気持ちもありましたが、子どもたちが自分たちの家族をもって、自分たちのように仲睦まじくしあわせな家庭を築き子孫を残してくれることを願い、そうなることが何よりの親孝行だと思いました。

e0034540_16352050.png

アダムとイブは『禁断の果実』を食べ、知恵を授かりましたが、この知恵は厳しい自然環境を生き延び、子孫を残し、家族やまわりのすべてのものたちと笑顔で暮らせるようにすることだけに純粋につかわれていたので、『赤いハート』の『まごころの愛』を生涯、たいせつにつらぬいて生きることができました。


e0034540_17115325.png
こうして、アダムとイブは、命を輝かせ生きたあと・・
離れ離れの魂になって、長い旅に出ることになりました。

時を経るにつれて、知恵が『損得』や『見返り』を求めるためにつかわれるようになり、この先『コントロールの愛』を学ぶことになろうとは夢にも思いませんでした。

e0034540_16422911.png
それぞれに、花を咲かせるための小さな芽をつけて・・
深い眠りに入り『分離の幻想』のなかで宇宙をさまよい・・
また、再びめぐりあい『ひとつ』になることを夢見ています。


e0034540_16451838.png
『コントロールの愛』を学び、『真実の愛』がいかなるものだったかを思い出し、
再び楽園に還ることができますようにと・・。

神様は、ふたりを天から応援し見守っています。



[PR]
by m-happa | 2016-09-27 14:48 | Comments(0)

『Natural & Simple・Easy・Relax !! 』にをモットーに毎日を自分らしく楽しく・美味しく・心豊かに暮らしています。           こころのままに 気分よくハッピーに・・☆


by m-happa