ムート&フレンズ

自由と自立


ぼくラッキーが描く『自由と自立』な世界はこんな感じだよ・・

e0034540_16472805.png

まず、『自由』になる一番の早道は・・

認められよう・・
好かれよう・・
ほめられよう・・
気に入られよう・
という気持ちから自分を解き放してあげることだよ。

なぜかっていうと・・
きみは、神様から・・
『ありのままで輝ける命の種』を授けてもらっているからだよ。

この『種』を生きれば・・
好きなことが、仕事として授けられ・・

きみがきみらしく輝いて・・
しあわせに生きていくために必要なものを・・
何でもいただけるからだよ。

だから・・
だれかに・・

認められよう・・
好かれよう・・
ほめられよう・・
気に入られよう・・
なんて、思わなくてもだいじょうぶなんだ。

きみがきみのことを認めて、好きになって、ほめてあげることができれば・・

きみと気のあう人たちに、きみは気にいられるようになり・・
きみと気があう人たちと共に笑顔でいられるところが、きみの『居場所』になっていくよ。

どう?
こんないいことってないでしょ・・。

今までは、きみと気の合わない人たちにも、気に入られようとして・・

ご機嫌をとったり、お世辞を言ったり、贈り物をしたり・・
言いたいことも我慢して、おとなしい振りや弱い振りをして・・

自分の『生存と防衛』のために・・

あたまをつかって、気をつかわなければならなかったけど・・

もう、こんな自分のたいせつなエネルギーを無駄につかう・・
疲れてしまう関わりは必要なくなるよ。

人の顔色や返答や態度を気にして・・

どんな態度をとったらいいか、あたまでいちいち考えて行動することなく・・
いつでも、こころのままに、自然体でいてだいじょうぶになれるよ。

きみは、のびやかに、神様からいただいた『種』を生きて・・
きみの花を気持ちよく咲かせることだけに集中して・・

この瞬間を精一杯、楽しんで『今を生きる!!』ことができるようになれば・・
『自立と自由』の世界で生きられるようになるよ。

*********************************************

温暖で日当たりがいいところで、鮮やかな小花をたくさんつけて咲く花・・
乾燥して枯れた土地で、大輪の花をいくつもつけて咲く花・・
湿度があって、暑い日陰で、良い香りを放って咲く花・・
高山の空気がすっきり澄みわたったところで、つつましく可憐に咲く花・・。

お花が、元気に咲ける場所は、それぞれ違っていて・・
お花が神様から『授けられた特質』を存分に発揮して咲く姿は・・

どの花もそれぞれに輝いているから、くらべる必要なんてなく・・

どの花もその花らしさがとても素敵できれいだから・・
それぞれ違っていていいんだ。

その違いは、そのお花がもっている気(=エネルギー)の違いであり・・
その気(=エネルギー)の違いが、『個性』なんだ。

その『個性』の違いに対して、良いも悪いもなく、正しいも間違っているもないんだ。

『自分は自分・・ありのままの自分』でいいんだ。


持っている気(=エネルギー)の違いを魚で例えてみると・・

海に住む魚が、川に住むことになったら、死んでしまうよね。

海に住む魚にとっては、塩分が高い水が最高に気持ちよくて・・
そのことを川に住む魚にいくら説明しても、川に住む魚にはまったく理解できないんだ。

でも、海に住む魚も、川に住む魚も、それぞれの違いにOK!!をだしているから・・
その違いに対して『それは、おかしい』とか『それは、なおした方がいい』なんて言わないでいられるよ。


そもそも、気(=エネルギー)が違う人に・・
自分が心地よく感じることや『これは苦手!!』ということを話しても・・

生きている世界が違うから・・
『へぇ~・・そうなの???』って感じになってしまうんだ。

立場が変わって、相手の心地よいことや苦手なことを話されても・・
『ふ~ん・・そうなんだぁ~・・・???』って感じになってしまい・・

これは、お互いさまのことなんだよね。


さらに・・

同じ種(しゅ)でも・・

それぞれに考えていることや思っていることは違っているし・・
その時々の立場や状況によってだって、変わることもあるから・・

お互いにすべてを理解することなんてできるはずもないんだ。

だから・・

自分と違うことを嫌ったり、排除しようとしたり、避ける必要もなく・・

それぞれの『個』を尊重することさえできれば・・
それぞれの世界で気持ちよく平和に生きていくことができるんだ。


というわけで・・

気が違う人に、自分をあわせようとしたり・・
気が違う人を、自分にあわせようとする必要なんかないんだよ。

また・・

気が違うものどおしが、近くにいると、お互いにリラックスできず平静でいられなくなったり・・
お互いによかれと思ってしたことなのに、裏目にでたりして、歯車がかみ合わなかったりするから・・

自分の気と違う場所で、気が違う人たちと、気があわないことを無理してする必要なんてないんだよ。


さらに・・

持っている気(=エネルギー)は成長とともに変化するものでもあるよ。

その例をひとつあげると・・

蝶は、小さな卵で生まれたあと、毛虫として、地面や枝をはって、草を食べて成長したあと・・
さなぎになって、じっとしている時期を過ごしてから・・

蝶になり空を舞うようになり、花の蜜を吸って生きるようになるよね。

こんなふうに・・

ひとつの生き物でも、成長するたびに持っている気(=エネルギー)が変わり・・
生きる『姿』も『居場所』も『食べ物』もガラッと変わって・・

慣れ親しんだことから離れて新しい世界で生きることが自然になっているんだ。

これからは、こんな自然のルールに従って・・

成長とともに持っている気(=エネルギー)が変わるたびに・・

自分と気があう自分の『適材適所』となる『居場所』で・・
自分の『種』をいかさずにはいられなくなってくるから・・

こころに素直に正直に・・

『気分よく楽しくいられるところで、好きなことを仕事にします!!』・・
『自分らしく輝いて、しあわせに生きます!!』・・

と自分に許可をあたえよう。

そして・・

自分やまわりの人に『そうします!!』と宣言しよう!!

いつでも、自分が主体のありのままの自分でいようと決めて・・
誰かのおもいに応えるのではなく、自分のおもいに応える生き方をしよう!!

これからは、こうやって・・
自分で自分のことをしあわせにすることが自然なことに、どんどんなっていくよ。

*********************************************

最初は、ありのままの自分でいて、しあわせになることに・・

罪悪感を感じたり、人のご機嫌をそこねてしまったらどうしようなどと・・
こころを痛めたりこころを重くしてしまうかもしれないけど・・

勇気を出して、ありのままの自分をさらけだしてみてごらん。

それで、イヤな顔をしたり、怒ったりする人とは・・

気(=エネルギー)があわない、ただ気(=エネルギー)が違うだけなんだ!!とわかるから・・
その人を嫌いになる必要もなく・・

ほどよい距離を保った関係でいれば、お互いにとって、ちょうどいい感じでいられるよ。

ほどよい距離を保つことは・・
お互いにお互いのことを肯定して、尊重できるってことでもあるからね。


でも、この人とは、もう少しだけ近い距離でつながっていたいって人もいるよね。

そんなときは・・
ありのままの本音をぶつけてしまうことで、『雨降って地固まる』こともあるよ。

お互いの本音をさらけだせば、お互いのことがわかるようになって・・
お互いに寄り添う気持ちが湧き上がれば・・

お互いの気(=エネルギー)が変わっていって・・

少し時間はかかるかもしれないけど・・
少しづつ気があうようになってくるよ。

*********************************************

『自分らしく輝いて、しあわせに生きます!!』と自分に許可をあたえ宣言しよう!!

そうすれば・・

神様は、気があう仲間たちがいる『居場所』にきみを導いてくださるから・・
その流れに素直にのればいいんだよ。

ただし・・

こころやさしいきみが・・

まわりの人(家族や友達やお世話になった人)の期待にこたえようとしたり・・
慣れ親しんだ人や場所から離れることに寂しさや罪悪感を感じたり・・
新しい世界で生きることやさまざまな変化に恐れや不安を感じてしまうと・・

それが『大きな障害』になって・・
自分の花を咲かせることをためらったり、あきらめたりしそうになってしまうかもしれないね。


そのきみの『やさしさ』と『弱さ』を乗り越えることが・・
きみの花を咲かせるための人生の『課題』になるよ。

だから、どうか・・

きみが、きみの『種』の『素晴らしさ』と『強さ』を信じて・・
この『課題』に取り組み、前を向いて進んでいってほしいんだ。


きみがきみの花を咲かせるために、慣れ親しんだものから『巣立つ』ことができれば・・

きみばかりでなくまわりのみんなも・・

自分の力で、自分の足で立って歩いて生きる『自由と自立』の『光の道』に・・
進んでいくことができるようになって・・

『すべてがうまくいく!!』ようになるよ☆彡。


育ててもらった親元や仲良しだった兄弟姉妹・・
お世話になった人たちとのお別れは辛く寂しいことだよね。

それでも・・

ここを巣立って・・
自分の生命(いのち)を精一杯、輝かせて生きることが本来の姿であり・・

これが、神様(自然)のルールなんだ。

このルールにしたがっていれば・・

生きるために必要なものは、神様からの恵みとして、何の過不足もなくすべてあたえられ・・
次の世代に命をつないでいけるようになるよ。

この『自由と自立』の『光の道』が、『真実の愛』になっていくよ。


人もこの世も、そして、すべてのものは、みんな変化し・進化し続けているんだ。

いつでも、自分は自分・・今、この瞬間のありのままの自分であるために・・
いつでも、昨日の自分と今日の自分は違っていて変化し・進化し続けているんだ。

勇気をだして、新しい自分を生きる一歩をふみだそう!!

*********************************************

自分が輝ける『居場所』は、この先どんどんひろがっていくよ。

自分の家族や国と遠く離れたところが自分の『居場所』になることだって普通になり・・
さまざまな境を超えた地球のすべての人たちと家族のようになっていくよ。

そのときどきの自分の『適材適所』で・・
自分の『種』をいかすための『自由』はだれにもあたえられていて・・

きみがきみの花を美しく咲かせることは・・

自分を自分でしあわせにする『責任』であり・・
この責任をはたすことが『天命』となり・・

きみは『自由と自立』の道である『光の道』を進んでいくようになるよ。

そして・・

神様は、きみが美しい花を咲かせることができるよう・・
いつでも天から応援してくださっていることを忘れないでいてね☆彡。

みんながそれぞれの花を咲かせることができれば・・
『お互いさまのおかげさまのありがとう』がめぐりめぐって・・

お互いがお互いを輝かせあう調和が生まれるよ。

*********************************************

ぼくの描く『自由と自立』な世界では・・

共に笑顔でいられるように・・

おとなも子どもも・・
男性も女性も・・
先生も生徒も・・
会社の社長も社員も・・

それぞれの『個』の特質にあった役割があたえられ・・

『お互いさまのおかげさまのありがとう』でまわるように・・
お互いに思いやりあい、補いあい、助けあい協力しあっているよ。

もし・・

うまくまわらないことがあれば・・

みんなが笑顔になれ、みんなが高めあい輝きあっていけるように・・

みんなが対等に、自分の考えていることや思っていることを素直に本音で伝えあい・・
みんながいい気分でいられるために、話し合いをして改善しているよ。

こうして・・
老いも若きも幼きも、男性も女性も・・

『○○なんだから○○らしく』・・
などというような偏った見方はなく・・

みんなが、それぞれに『個』を尊重し・・

それぞれ違う世界をもって、違う考えをもち・・
違うありようであることに『OK!! ○(まる)だよという寛容のこころをもっているんだ。

だから・・

『○○しなくてはいけない』とか『○○すべき』という考えは一切ないんだよ。

こうして・・

e0034540_425466.png家庭や社会において、立場が上になるような人たちであっても・・

子どもや立場が弱い人たちを支配したり所有するようなコントロールはなく・・
対等に、お互いの本当の気持ちを伝えあっているよ。


そして・・

みんな自分の歩く道を自分で切り拓き、自分の足で歩いていくための
自分の直観や自分の力を信じているから・・

自分は『これをしたい!!』『これをする!!』と決めたことは・・
まわりの人に『自分はこれをする!!』と宣言して、とにかくやってみることにしているよ。

してみたことが、どんなふうになっていったとしても・・
その結果に『一喜一憂』することなく・・

そこで得た『学び』や『実り』が尊いものであることを知っているんだ。

人生でさまざまな体験をすることは、知らない世界を知ることであり・・
人生を密度の濃い深いものにできる『体験は宝物!!』なんだ。

だから・・

『自分がまいた種は最後まで自分で刈り取る』責任を果たしているよ。

失敗することをおそれるより、やりたいことにチャレンジすることによろこびを感じ・・

自由にしたいことや冒険をして、自分の体験したことから・・
たくさんの『学び』をえて、より大きな器になるための『人生の糧』にしているんだ。

だからこそ・・

体験のなかで、『必要な学び』をしようとしていることを・・
止めたり、阻んだりすることをお互いにしないでいるんだ。

ただし・・

命の危険がともなうようなことやそれをすることで、まわりの人に大きなダメージをあたえるようなことに対しては、じっくり考えるように伝えているよ。


また・・

お互いにこんな『暗黙のルール』にも従っているよ。

自分ができることは、自分でして、必要以上に人に甘えたり頼ったりせず・・

困っているときには『助けやアドバイスが欲しい!!』と遠慮なく素直に伝えあって・・
お互いに必要な助けを『お互いさまだよ~』と、気持ちよく交わしあっているよ。

お互いのことをおもいやりながら、一緒にいることで安らぎを共有し・・
お互いが、自分にとっての気持ちのいい時間(ペース)と空間(スペース)を尊重し守っているから・・

人にくっつきすぎたり、寄りかかったり、背負われたり・背負ったりせず・・
身をちぢこめたり、窮屈や息苦しさを感じることなく・・

のびのびと自分の力を最大限に発揮でき・・
自分の花を咲かせることができるんだ。

ここでは・・

監視や干渉はなく・・

それぞれがもっている『種』の『素晴らしさ』や『強さ』を信じて・・
自分の力で、自分の足で立って歩いて生きる『自由と自立』の『光の道』を進んでいけるよう・・

お互いの『信頼』のもとに『見守り』や『励まし』や『必要な助け』がなされ・・

『まごころ』の『赤いハート』でつながっているよ☆彡。


そうそう、言い忘れていた!!

一番最初の絵にある・・

Family & Relax
Respect & Free
All,OK!! & Love は・・

『自由と自立』の『光の道』をあらわしているんだ。


ここには・・

↓こんな意味がこめられいるよ。

Family & Relax・・
ありのままの自分でいても、みんなが家族のようだからリラックスしていられるよ。

Respect & Free・・
ありのままの自分をお互いに尊重しあっているから、みんながそれぞれの『居場所』で自由でいられるよ。

All,OK!! & Love・・
ありのままの自分もありのままのきみも、みんなOK!!だから・・
みんなが『無条件・無償の愛』でつながりあっているよ。


ありのままの自分を・・
きみが認めて、好きになって、ほめてあげて・・

『ありのままの自分を生きよう!!』と前に進んでいったら・・

認められよう・・
好かれよう・・
ほめられよう・・
気に入られよう・
という気持ちから自分を解き放つことができて・・

『☆すべて、うまくいくよ☆』











[PR]
by m-happa | 2016-07-11 18:19 | ムート&フレンズ | Comments(0)

『Natural & Simple・Easy・Relax !! 』にをモットーに毎日を自分らしく楽しく・美味しく・心豊かに暮らしています。           こころのままに 気分よくハッピーに・・☆


by m-happa