「ほっ」と。キャンペーン

ムート&フレンズ

だいじょうぶ!! ひとりじゃないよ・・

e0034540_165098.png

ラオリーとお母さんが、お話ししています。

ねぇ、この人、鳥とお話ししているの?
手に持っているスーパーの袋は、この人に寄り添っているようにみえるね。

・・とラオリーがお母さんに言いました。

そうね・・そんな風に見えるわね。

実は、この人ね。
家で寝たきりのお母さんがいてね。
自分もあまり体がじょうぶではないのよ。

お母さんのお世話をしながら仕事をさがしているのだけど、思うような仕事が見つからなくて、途方にくれて下を向いて歩いていたとこなのよ。

そこに、鳥がやってきて『ねぇ、だいじょうぶ!!』と話しかけているところなのよ。

「ふ~ん、そうなんだ~、たいへんだね」と、ラオリー。

お母さんは、その人のことをさらに続けてお話しました。


この人には、ずっとなりたかった夢があったのよ。

体が弱かったから、家で本を読んだり、文章を書いたりして過ごしているうちに、将来は、小説家になりたいと思うようになったのよ。

でも、お母さんが病気になってしまい、家計を支えるために仕事を見つけなければならなくなってしまったの。

お母さんのお世話をしながらできる仕事は、からだを使う仕事ばかりで、思うような仕事が見つからず・・

あ~、自分は何のために生まれてきたのだろう?
夢をもつことさえ許されず、苦労を背負うために生まれてきたのか?・・
と、すっかり生きる夢も希望も失ってしまったの。

それで、公園の中をとぼとぼ・とぼとぼ、ただただ、歩くしかなく・・
むなしい気持ちでいっぱいになって、命の灯火(ともしび)が消えそうになっていたのよ。

*********************************************

ここから先は、この青年のお話よ・・

すると、いきなり鳥がやってきて・・
『だいじょうぶ?元気だして!!』と、しきりにチュンチュンして励ましてくれていることに気づいた。

一瞬、涙がこぼれそうになった・・
冷たい風が頬にあたった・・

風の中を途方に暮れて長いこと歩いていたせいで、体がずいぶんと冷えていた・・
けれども、寒い感覚もわからなくなるほど、生きる気力をなくしていた。

『あ~、寒い~』・・鳥のおかげで、我に返ることができた。

カサカサと音をたてているビニール袋を胸元にかかえると、なんだかとても温かくて・・
またまた、涙がこぼれそうになった・・

こんなぼくでも、元気づけてくれる鳥がいて、体を温めてくれるビニール袋が近くにいてくれる、なんだか、不思議な感じがする・・。

すると・・

『何もかもひとりで背負い込まないでさ・・神様におまかせすれば、だいじょうぶだよ!!』と、どこからか、また、チュンチュンと声がきこえた。

ふと見上げると、さっきの鳥が、今度は木にとまって・・
『神様におまかせすれば、だいじょうぶだよ!! もっと、気を楽に持てば、すべて、うまくいくよ!!』と伝えてくれていた。

これは、きっと、神様からのメッセージを鳥が伝えてくれているのに違いない。

もしかしたら『神様におまかせすれば、本当に助けてくれるかもしれない』と、なぜだか素直に思えた。


こうして、少しだけ上を向いて歩いていると・・
不思議なことに、出版社のアルバイト募集のビラが目にとびこんできた。

お~、こんなことってあるのだろうか・・
『神様におまかせすれば、だいじょうぶだよ!!』って、こういうことだったのか・・。

すぐに、面接に行き・・
自分には、病気の母親がいて、なんとしても仕事につきたいことと、将来は、小説家になる夢があることを正直に話すと、すぐにアルバイトが採用になった。

出版社の仕事は、とても楽しかった。

けれども、思った以上に仕事はハードで、あまり体がじょうぶではない自分にとっては、お母さんの世話と仕事を両立させることは、至難の業だった。

このままでは、お母さんも自分もダメになってしまう・・
やっぱり、この世の中、思いどおりにはいかないものなんだ・・
いつだって、ぼくはこんな風にチャンスから見放されてしまうんだ。

またまた、こころはかたく冷えていった。

ぼくは、お母さんの世話をするために生まれてきたんじゃない!! 
でも、どうすることもできない・・

せっかく灯った命の灯火は、またもや、みるみる小さくなり、消えそうになってしまった。


すると、こころのなかから・・

だいじょうぶ、お母さんの世話はきみでなくてもできるよ・・
でも、きみの小説は、きみでなければ書けないよ・・
きみの才能をいかし、きみの中に眠っている花を咲かせようとすれば・・
すべてがうまくまわりだすよ。

神様は、それぞれの人が輝ける仕事を授けてくださっていて、それぞれが自分の仕事に専念できるようにしてくださっているんだ。

人の介護が好きで得意な人は、それが神様から『授けられた仕事』になり・・
きみがお母さんのことをお願いすれば、その人には、お母さんの介護をする『よろこび』があたえられることになるよ。

ほらっ、すべてがうまくまわりだすでしょ・・。

もし・・
ここで小説家になることをあきらめて、本当の自分を生きないでいたら・・
この先、無念な気持ちをかかえたまま・・
自分の夢を邪魔したのは、お母さんだと勝手に思い込み・・
お母さんのことをこころの奥底でずっと恨むようになってしまうよ。

と・・小さなささやき声がきこえた。


ぼくだって、夢を叶えたいよ。
でも、そしたら、お母さんはどうなってしまうの?
ぼくは、どうしたらいいの?

その問いに、応えはなかった。

*********************************************

この小さなささやき声をきいたら、じっとしてはいられず、なんとかこころを整理しようと公園を歩いていると・・

e0034540_16261414.png枯葉の上にこんな栗が落ちていた。

あたかも、ぼくのことを待ち受けていたかのように・・
『ねぇ・ねぇ・・どうちたの?』と、おとぼけ顔した栗がつぶやいてきた。

栗を手に取ると、目や口のように見えていたのは、虫に食われた穴であることがわかった。

『こんなに虫に食われているのに、おまえはなんだかとても陽気だなぁ~、お前のその陽気さをわけてもらいたいもんだ』とつぶやいていると、思わず『プッ!!』とふきだしてしまった。

虫に食われた姿でも、ちっともみすぼらしく見えなかった。

それどころか、自分の弱さを『おとぼけ』にして、強みにかえている姿がとてもチャーミングで誇らしくさえ見えた。

今まで暗~い気持ちになっていた自分が、バカバカしくなってきた・・
『もっと、明るく考えよう!!』・・

穴があいた姿になっても、健気に明るく生きている栗が元気をくれた。

そうだ・・

『何もかもひとりで背負い込まないでさ・・神様におまかせすれば、だいじょうぶだよ!!』って、鳥が伝えてくれていたじゃないか・・

ぼくひとりではどうすることもできないことは、神様がしてくださるんだよ・・
お母さんの世話をしてくれるところを神様におまかせしてさがしてもらおう。

早速、色んな人に『お母さんの世話をしてくれるサービスがあったら教えてほしい』と声をかけてみた。

すると、程なく、出版社の近所に病気のお年寄りをみてくれる施設があることがわかった。

施設のみなさんは、とても親身にお母さんの世話をしてくれて、「ほかに困ったことはないですか?」と経済的なことも相談にのってくれた。

お母さんは、その施設がとても気に入り、少しづつ元気になっていった。

*********************************************

『困った時の神頼み』って、迷信ではなかったんだ。

安心してまかせられる施設がみつかったことで、こころは軽くなり・・
自分でも信じられないくらい体もじょうぶになってきた。

自分を生きている実感を感じられる日々に、仕事も順調にまわりだし、毎日がイキイキと楽しくなってきた。

すると、お母さんを大切に思いやる気持ちが前よりずっと素直にわきあがるようになってきて・・
お母さんの好物を一緒に食べながら、ゆっくり語りあうひとときが、楽しみになり、こころは癒されていった。

『小説家になって、お母さんをもっとよろこばせたい!!』

自分の夢とお母さんをよろこばせたいという想いがひとつになり・・
命の灯火は、どんどん大きくなり、小説も書き始めている。

お母さんも・・
施設に入る前は、自分の病気のせいで、息子の夢を奪っていることに、人知れずこころを痛め自分を責めていたのでした。

けれども、施設に入り、こころ穏やかに過ごすことができるようになってからは、病気はウソのように良くなり、今では、起き上がって大好きだった手芸を仲良しのおばあちゃんたちと楽しめるようになりました。

そして『あの子なら、自分の夢をきっと叶えられる』という希望をもつことができるようになりました。

お母さんにとっては、息子が夢に向かって、毎日を輝かしく生きてる姿を見ることが何よりもうれしく、それが元気の元になり、何よりの親孝行となりました。

どうか、息子が小説家になれますように・・
どうか、息子に可愛いお嫁さんがやってきて、幸せな家庭を築けますように・・
と、お母さんは、毎日、神様に祈ってます。

お母さんと親孝行息子の願いは、きっと、神様がかなえてくれることでしょう。

*********************************************

「すごいね。すべてがうまくまわりだしたね。それに、この人もお母さんも、生まれ変わったみたいに元気になってよかったね」と、ラオリー。

そうね・・
命の灯火が何度か消えそうになったけど、いつも、なにかに助けられて、そのたびに、命の灯火に『光』がともったわよね。

鳥やビニール袋やおとぼけ栗やこころの声が、元気づけてくれたり、温めてくれたり、気を楽にしてくれたり、背中を押してくれたりして、本当の自分を取り戻していったわよね。

それにしても・・

こんなとるにたらないものたちが・・と、思ってしまいそうでしょう・・。
けれどどれも、神様から『魂=こころ』をいただいていて・・

鳥さんには、きれいな声で鳴いたり、そっと近くにいることで、人を励ますよろこび・・
おとぼけ栗ちゃんには、陽気に生きることでみんなを元気づけるよろこび・・
ビニール袋さんには、持つ人のお役にたつことのよろこび・・

どれも、神様から、生きるよろこびをもてる『仕事』が授けられている・・
かけがえのない尊いものたちでもあるのよ。

そして、時には、神様からのメッセージも伝えてくれているのよ。

こうして・・
この世に存在する『魂』に、上だの下だのなんてことはなくて・・
どれも、必要な尊いものばかりで・・
『お互いさまのおかげさまのありがとう』でつながりあって、助けあっているのよ。

この世に存在するすべてのものを尊く思いたいせつにするこころ・・
そう『慈愛のこころ』があれば、どんなものも助けてくれて、神様からのメッセージを届けてくれるのよ。

あたりをみまわしてごらん・・
ラオリーを助けてくれるものが、近くにあふれているから・・☆。

それは、太陽や月や星かもしれないし・・
お花や木やひとひらの葉っぱかもしれないし・・
身の回りにあるものかもしれないし・・
偶然、出会う人かもしれない・・

さり気に目にしたチラシかもしれないし・・
ラジオから流れる言葉や音楽かもしれないし・・
偶然見つけた本のページのなかの言葉かもしれないし・・
通りすがりの人の一言だったりするかもしれない・・

神様からは、ラオリーに必要な『メッセージ』と『助け』が、ものや人をとおして絶え間なく届けられているのよ。

その『メッセージ』と『助け』を受けとったら、こころのままに素直に行動してね。

*********************************************

誰にだって・・
何もかもうまくいかなくて、自分のことをたいせつにできなくなったり・・
自分ではかかえきれない問題をかかえて、身動きがとれなくなったり・・
自分のこころの傷やこころの穴をどうすることもできず、自暴自棄になってしまったり・・
希望を失って、自分の命をないがしろしそうになることはあるもの。

こんなときは・・
『何もかもひとりで背負い込まないでさ・・神様におまかせすれば、だいじょうぶだよ!! もっと、気を楽に持てば、すべて、うまくいくよ!!』の鳥のメッセージを思い出してみてね。

『困った時の神頼み』を信じることさえできれば、だいじょうぶ!!

e0034540_16493188.png

命の灯火が消えそうになっても・・
あきらめないで・・

あたりをみまわしてみてごらん・・

自分の『夢や希望やよろこび』になるものを思い出してみてごらん・・

『助けて欲しい』と声をあげてごらん・・


お父さんのように、やさしく励ましてくれるものや人が・・
お母さんのように、温かく見守ってくれるものや人が・・
きみを助けてくれるから・・。

命の灯火を絶やさないでいるための『光』を送ってくれて・・
『夢や希望やよろこび』をかなえてくれる『光の道』に導いてくださるから・・

だいじょうぶ、ひとりじゃないよ・・☆。


そのことを『信じる力』が、きみを助けてくれるよ☆彡。














[PR]
by m-happa | 2016-02-10 16:49 | ムート&フレンズ | Comments(0)

『Natural & Simple・Easy・Relax !! 』にをモットーに毎日を自分らしく楽しく・美味しく・心豊かに暮らしています。           こころのままに 気分よくハッピーに・・☆


by m-happa