ムート&フレンズ

気持ちのいいお家に住んでますか?

e0034540_254781.png











きれいにおそうじすると、気持ちよく感じのはなぜでしょう?
きれい好きなサーアイアイが、こんなお話しをしてくれたわよ。


サーアイアイが、まだ若かりし頃、こころを静かに保つことを修行していた時のお話しです。
お寺の和尚(おしょう)さんによく聞かされていたのは・・

「澄みきった静かなこころを保つためには、まず自分の身のまわりをきれいにすることから始めなさい」・・と。

修行をしていた若者たちは、お寺の庭や、ろうか、部屋、台所、トイレなどをみんなで分担して、きれいにおそうじして磨くことが、毎朝の日課だった。

おそうじの仕方は『ここに住まわせていただき、ありがとうございます。今日もどうぞよろしくお願いいたします』とこころをこめて、はき清め、ふき清め、まるで土地や家を”みがき・なでる”ような感じですると、住まわせてもらっている土地や家の神様に感謝の気持ちが伝わるとお和尚さんから教えられた。

特に、ごはんをつくる台所や、便をするトイレなどは、もっとも神聖な場所として、特に念入りにピカピカにすることで、良い気(エネルギー)をいただくことができるとされていた。

こころがモヤモヤしたときに、トイレをきれいにしていると気分がスッキリ爽やかになったのには驚き、さらに、一輪でもお花を飾るとトイレがよろこんでいたのか、さらにいい気分になったそうよ。

それもそのはず、台所もトイレも動物である人間が生きていくための『食と排泄』をするなくてはならないたいせつなところでもあるし、清潔にすることで病気にならず健康な体を保つことができるからと・・。

お寺のおそうじは、ただ単なるおそうじと違っていて、まさに、土地や家の神様に感謝しながら清めることが目的にあり、こころをこめて、おそうじしていると、自分のこころが清められ静かに落ち着いてくることをサーアイアイは実感した。

朝の澄みきった空気のもとでするから、なおさらだった。

また、家にあるすべての物、テレビや冷蔵庫や洗濯機や置物などに「いつもありがとう」とこころをこめて、きれいにしていると、テレビや冷蔵庫や洗濯機や置物などが「いつも、きれいにしてくれてありがとう」とこたえてくれるかのように、いつまでもキレイで、調子よく長持ちしてくれるから不思議なのだそうよ。

こんなふうに、おそうじが楽しくなると、自然と整理整頓が身について、スッキリした空間をつくるのが得意になり、こころまで整理整頓されて、いつもスッキリした気分でいられるようになったそうよ。

どう?
和尚さんが「澄みきった静かなこころを保つためには、まず自分の身のまわりをきれいにすることから始めなさい」と言っていた意味がわかったかしら?

今でも、おそうじの分担のくせがぬけず、月曜は、庭。火曜は、部屋。水曜は、台所。木曜は、トイレなどのように毎日ひとつづつおそうじすることを日課にしているそうよ。

******************************************

ふ~ん、なるほど、だから、サーアイアイのお家は、いつもスッキリしていて気持ちがいいのね。

きれいにおそうじすると、なぜ気持ちよく感じるのか?
ハッピーは、こんなふうに感じているのよ。

きっと、きれいにおそうじすることで、お家がよろこんでくれて、そのお返しに、良い気(エネルギー)をいただけると感じているの。

『お家だって、きっとこころがあるから、お家を愛してあげると、ちゃんとその愛にこたえてくれるんだわ』と感じているの。

それとね、お家の中にお花を飾ってあげると、さらに、お家がよろこんでくれるって知っていた?

小さなお花でもいいのよ。
お花があるだけで、その空間には、美しい気(エネルギー)が流れて、なんとなくこころがほぐれてほっこりした気分になるわよね。

それもそのはず、お花そのものが、天(=神様)の愛を形にしたものだから、お家に花を飾るだけで愛が満ちるんですって。


きれいにおそうじして、気持ちのいいお家に住むことは、お家をたいせつにするばかりでなく・・
そこに住んでいる自分やほかの人をたいせつにしていることになり・・

これが、『自分を愛して生きる』ことになって『自分で自分のことをたいせつにして幸せに生きる』ことにつながるのだそうよ。













[PR]
by m-happa | 2015-06-12 02:03 | ムート&フレンズ | Comments(0)

『Natural & Simple・Easy・Relax !! 』にをモットーに毎日を自分らしく楽しく・美味しく・心豊かに暮らしています。           こころのままに 気分よくハッピーに・・☆


by m-happa