愛のもと



e0034540_1365440.png

右の『種』は・・自分の素晴らしさを信じている。
左の『種』は・・自分の素晴らしさを信じていない。

このまま育つと・・
右の『種』は、そのままで強く育ち、素晴らしい花を咲かせ素晴らしい実をつける。
左の『種』は、肥料をあげてたいせつにしても、弱くて枯れそうな木になってしまう。

『種』は、その『種』のもつ素晴らしさを信じて、たっぷり栄養をもらうと・・
素晴らしい花を咲かせ素晴らしい実をつけるよ。

実は、人の命も、植物の『種』と同じなのよ。

人の場合、たっぷりの栄養は・・
生きるために必要な『基本的欲求』を満たしてもらうこと・・
生きる根っことなる『自我』をしっかり受けとめてもらうこと・・
自分の力で、花を咲かせ実を結ぶ力があることを信じて『見守ってもらう』こと。

『種』は、たっぷり栄養をもらうと、生きる土台ともいえる『根っこ』がしっかり育ち・・
力づよく健やかに生きていくための『愛の元』ができあがるのよ。

********************************************

生きるために必要な『基本的欲求』は・・

お腹が空いたらおっぱいを、おしりがぬれたら気持ちのよいおしめを、暑かったら涼しく・寒かったら温かく。

眠くなったらこころ安らぐ抱っこや添い寝を、目が覚めたらやさしく抱き上げてもらう。

見守られている安心感のなかで、遊びたい時にこころゆくまで遊ぶ。

おっぱいや抱っこのときに・・
『やさしく触れられる』ことで、人のぬくもりを肌で感じ・・
『やさしい言葉をかけてもらう』ことで、言葉による安らぎを得て・・
『やさしいまなざしを向けてもらう』ことで、『あなたのことをいつでも見ているよ』というこころからのメッセージを受けとることができるの。

食べて、寝て、ウンチをするという『基本的欲求』が・・
本来の姿であるお母さんの手によって、望むときに望むようにあたえられ、いつでも気持ちよくしてもらえると・・

赤ちゃんのこころとからだはしあわせで満たされ安らぎにつつまれるのよ。

このここちいい感覚が、本当の自分(本来の姿)であることを知り・・
このここちいい感覚が、『真実の愛』であることを知るのよ。

そして・・
自分はたいせつにされ愛されている・・
ここに生きていていい・・
人を信じてだいじょうぶ!!・・
といういう『安らぎ』と『信頼』が育ち、自分は愛されるのに値する尊い存在であるという『自尊心』が育つようになるのよ。

********************************************

こうして『基本的欲求』が満たされ、自分の手足が動かせるようになると、自分の欲求と自分の気持ちを表す『自我』が芽生えだして・・

好奇心旺盛になんでも自分でしたい・やりたい気持ちがわきおこるの。

このとき、自分がしたいこと・やりたことを安全に思う存分させてもらえると、『自立』の芽が育つのよ。

また・・
自分で何でもしたいのに思いどおりにならないときに・・
だだをこねたり、すねたり、泣きべそをかいたり、甘えたりして・・
自分のもどかしい気持ちを訴えたとき、しっかり受けとめてもらい、なだめてもらうと・・
気持ちは落ち着いて、おだやかになれるのよ。

どうしても、ぐしゃぐしゃした気持ちがおさまらないときは、クールダウンできるまで、ほおっておいてもらえると、自分で自分の気持ちをおさめることができるようになるの。

おしゃべりできるようになり、たくさんおしゃべりしたいときに・・
『うんうん』と目をみてうなずいてもらえたり・・
話を最後まできいてもらえると・・
自分の素直な気持ちをそのまま伝えてもだいじょうぶ!!
自分の話は最後まできいてもらえる価値のあることなのだと思えて・・
自分や、自分が話すことを肯定でき、『自己肯定感』や『存在価値』が育てられるのよ。

こうして・・
自分で立って自由に歩けるようになるまでの赤ちゃんの間に・・
一番、近くにいる両親から、自分の気持ちを受け止めてもらいながら・・
たっぷりの栄養をもらい、温かいやさしさに包まれて育つと・・
こころもからだもじょうぶになり・・

自分は『ありのままでいてよくて。やりたいことをして、いいたいことを言っても愛される!!』と思えるようになるのよ。

こうして・・
自分の素晴らしさを信じることができるようになり・・
『自尊心』や『自己肯定感』や『存在価値』を高くもつことができるようになると・・
人も自分もたいせつにできる『思いやり深いこころ』がある人になっていけるのよ。

特に・・
おっぱい離れするまでの間に、お母さんの心音をききながら、ゆったりおっぱいをもらえると、赤ちゃんのこころは子宮に守られていたころを思い出して、ほっと安らぎ、情緒が安定するの。

母乳であれば申し分ないけれども、母乳でなくてもだいじょうぶ!!

授乳のときに、お母さんの匂いやぬくもりや、やさしいまなざしがあれば、赤ちゃんはすくすく育つのよ。

だから、授乳はとてもたいせつ・・
お母さんが授乳するときは、赤ちゃんと一緒にいられるような環境ができるといいわよね。

e0034540_4234185.pngもちろん、お父さんの役割もとてもたいせつなのよ。

お母さんが安らいだ気持ちでいられると、赤ちゃんも安らいでいられるから・・

お父さんとお母さんが仲良しで、赤ちゃんを囲んで、二人が協力しあって子育てできると、心身ともに健やかで思いやり深い人に子どもを育てることができるのよ。


自分のことを自分でたいせつに愛し・・
自分を自分でしあわせにすることができる『神様から授けられた仕事』に精をだし・・
イキイキと光輝いて生きていける『自立の芽』がすくすくと伸びるのよ。

e0034540_10314393.png
こうして・・

赤ちゃんは・・
自分の種(命)の素晴らしさを信じて・・
素晴らしい花を咲かせ・・
素晴らしい実をつけるように・・
成長していくのよ。

********************************************

そして・・
おっぱい離れして、自分の手足が、自由に動かせるようになると・・
いよいよ『自立への道』を自分の足で歩いて進むようになるのよ。

未知なる冒険の始まりに、赤ちゃんはワクワクしながら・・
なんでも『自分でする!!』と言って・・

目にするもの触れるものをこころとからだで体験しようとするわよ。

このとき、安全に冒険できるように見守ることがたいせつになるのよ。

未体験なことや未修得なことは・・
まずは、手本を見せて・・
次に、手本をまねながら(学びながら)一緒にやってみる・・
一緒にやって、できたら、今度は一人でやってみる。

こうして、生きるために必要なことを自分のものにしていくのよ。

もし、目の前に危険や困難や失敗などの障害物があらわれたときは・・
安全を確認しながら体験させて、そこでの痛みや苦悩を味わわせることがたいせつなのよ。

そうすることで、障害物がどんなものやことであるかがわかると同時に・・
どうすれば、それから逃げたり、身をかわしたりできるか・・
また、そこでついた傷を治すための『てだて』も学べるわよね。

さらには・・
そこで味わった痛みや苦悩から、『何とか抜け出したい』という思いが、バネになり・・
自分のあたまで考えたり悩んだりして、あれこれ、からだをうごかしてやってみる・・
それでもうまくいかないときは、人にアドバイスや助けをもらいながら、乗り越えられるまで頑張ってみる・・

こうして、障害物から逃げずに向きあうことで・・
こころもからだもあまたも鍛えられ、障害物を自分で超えることができる知恵や強さや自信を得て、成功へ導かれいていくようになるのよ。

この時・・
傷つくことや失敗することを恐れ、親が先回りして、障害物を取り除いてしまったら・・

嵐や日照りにも負けず・・
やってくる虫や菌にも負けない・・
強いこころとからだになるためのチャンスは奪われ・・
『自立の芽』は摘まれてしまことになるのよ。

これは、親が、子どもの『種の力』を信じ切れていないということでもあり・・
『子離れ・親離れ』できなくさせ、巣立たせなくさせてしまうことになっていくのよ。

ここで、親が子どもの『種の力』を信じて、困難に向き合わせじっくり見守り・・
監視や干渉ではなく、観察しながら応援し励まし、必要な助けをすることができれば・・

子どもは、障害物を乗り越えることができ・・
自分の力で自分を守り、前に進むことができる大きな『達成感』を味わうことができるようになるのよ。

そして、この達成感が・・
『自分はできる!! 自分は強い!! 自分は素晴らしい!!』という『自信』と・・
『必要な助けを受ければ、困難は乗り越えらえる!!』という『信頼』を得ることができるのよ。

この『自信』と『信頼』は、生涯、自分の力で、自分を『守り支える』大きな『宝』になるのよ。


ただ、ここで、気をつけることは・・
まったく障害物を取り除かなかったり・・
親の気分で優しくしたり・厳しくするような関わりをすると・・
子どもは安らぐことができず、恐怖におびえたり、親のご機嫌をとるような子どもになり、情緒がとても不安定になってしまうのよ。

こういう『種』は、傷ついたまま上手に成長できなくなり・・
自分に自信がもてず、人を信頼することもできず・・
クネクネ曲がったり、弱々しくなったりして、花を咲かせることができなくなってしまうのよ。

********************************************

こうしてみると・・
赤ちゃんから歩けるようになるまでの子どもを育てることは、神様があたえてくれた最も素晴らしい時期であり、愛を学ぶチャンスと愛らしい子どもと共に成長するよろこびを味わえる『最高のギフト』でもあることがわかるわよね。

それを、みすみす人の手に渡してしまうなんてもったいない。

お父さんとお母さんが子どもと向き合い・・
たっぷりの愛でたいせつに育てることができると・・

実は・・
お父さんとお母さんの『影』のこころである『インナーチャイルド』=『内なる傷ついた子ども』を自らの愛で育てることができるようになるのよ。

子どもの困難を子どもに向きあわせて見守ることで・・
自分自身の『内なる傷ついた子ども』に自分が向きあうことになり、自らこころの傷を癒すことができるようになり、自分自身が成長して、本来の自分を取り戻すことがことができるようになるのよ。

子育ては、子どもの自分からおとなの自分に成長させる自分育てであり・・
実は、自分が自分自身の『内なる傷ついた子ども』の親にもなれ・・
自分を自分で育て・癒す神様からの『最高のギフト』でもあるのよ。

子どもを育てた親も、育てられた子どもも『お互いさまのおかげさまのありがとうだったね』と、こころから感謝できると、神様から授かった命(種)を無事に自立させ巣立たせることができて、親の『神様から授けられた仕事』はまっとうされるのよ。

こうして・・
育てた子どもを神様の『源』にお還しすることができるようになると・・
神様の『源の愛』である『無条件・無償の愛』を深く学ぶことができるのよ。

こんな素晴らしい子育てをお父さんとお母さんが、気持ちよく楽しくできるように・・

赤ちゃんが立って自由に歩ようになるまでの間は、どのお父さんもお母さんも、こころよく産前・産後の休暇がもらえるようなやさしい社会になるといいなぁ~とハッピーは思っているの。

お母さんも、自分の夢をあきらめることなく、社会とのつながりを保ちつつ、子育てと自分の仕事のバランスをうまくとり、輝いていけるよう・・

社会全体が、健やかな子どもを育てるために、子育て中のお父さんやお母さんの・・
それぞれのニーズにあわせた勤務時間と勤務場所(在宅ワークなど)を自由に選べる・・
勤務体系ができて、まわりのみんなでお父さんやお母さんを支える社会になれば・・

自己実現をあきらめることなく、自分自身を成長させることができる子育てでの学びを社会に還元でき、すべてが良い方向にまわっていくように感じているの。

こうして、思いやり深い子どもが育ち、やがておとなになったとき、思いやり深い社会ができ、また彼らの子どもも思いやり深い人に育って、後世に引き継がれていく・・☆。

『誰もが、結婚や子育てに自信がもてるような社会にできるように、みんなで意識を変えていけたらいいなぁ~』とハッピーは思い・信じ・願い・祈ります☆彡。

********************************************

『自立の芽』をすくすく伸ばすのは・・
『自我の根っこ』をしっかり大地に根づかせること。

その子がもっている『種』の力を信じて・・
必要な時に必要な助けをあたえ・・
じっくり見守ること。

こうすることで・・
自分を自分で愛し・・
自分で自分を守ることができる『生きる力』が・・
しっかり根づくのよ。



e0034540_17553080.png


『花』を育て、咲かせるのは・・
『信じるこころ』。

自分の『種』の『素晴らしさ』を知り、愛し・・  
  
自分の『力』を信じて・・
神様を信じて・・
人を信じて・・

きみが楽しくできて得意なことに、ワクワクしながら精をだすことで・・
『神様から授かった仕事』をしていることになり・・

きみが『花』を咲かせ・・
美しく輝くために必要なものは・・
なんでも神様からいただけるようになるのよ。


どんな命も、生まれてから天国にめされるまで・・

『神様から授かった仕事』にワクワクと精をだすことができると・・
命は、イキイキと輝き、ずっと元気でいられるのよ。

お年寄りも、今までの経験をいかせるような仕事や・・
楽しく打ち込めるものが見つかれば・・

それらが『生きがい』や『生きる糧』となり・・
生きることに『よろこび』と『張り合い』がもて・・

そこで、生みだされたものから得られた『達成感』が自分で立って生きる『自信』につながり・・
いつまでも『自立』して輝いて生きていくことができるようになるのよ。

さらに、お年寄りと子どもが共に交流できる場がもうけられれば・・

子どもたちは、先人の知恵を学ぶことができたり・・
お年寄りは、みずみずしい感性をもった子どもたちとの触れ合いにより、脳を活性化できたり・・

お互い、勝手が違う人たちへの思いやりの気持ちを育てることができ・・
良い刺激を交わしあうことができるようになるわよね。

こんなふうに、古いものと新しいものが交わることで、よきものが生まれることも素敵なことよね。


『愛のもと』・・

それは、それぞれの命が、輝いて生きていくために『神様から授かった仕事』に・・
『恋する気持ち』や『情熱』や『ワクワクする気持ち』をもって、生涯、楽しく『精』をだすことであり・・

自分の花を咲かせ、実を結ばせ、日々を嬉々として・・
命を燃やし、しあわせに生きること。

そんな命を生み出す『家族』が・・

『愛の元』になる栄養をあたえ・・
『愛の源』になる。




地球や宇宙の愛とつながる・・
自由と自立』ものぞいてみてね。















[PR]
トラックバックURL : http://mhappa.exblog.jp/tb/23654859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by m-happa | 2016-06-01 16:46 | Trackback | Comments(0)

『Natural & Simple・Easy・Relax !! 』にをモットーに毎日を自分らしく楽しく・美味しく・心豊かに暮らしています。           こころのままに 気分よくハッピーに・・☆


by m-happa