ムート&フレンズ

生きる基本


e0034540_15353869.png



自然のルールにしたがい自然な生き方をする。
(地に足をつけて、神(自然)と共に生きる=グラウンディングする)


自分で自分のお世話をし
自分で自分のご機嫌をとってあげながら・・

『生きる土台』となる『基本的欲求』をみたし
『こころ』も『からだ』も健康で幸せにあるように生きる。


高くなった地球の周波数と同調するように、『性エネルギー』を昇華し
『こころ』と「からだ』を調整する。




この世の『幸せ』や『美』や『愛』や『楽しいこと』を存分に味わい・・
よろこびや気分がいいことをこころ』と『からだ』で感じながら・・

『生きることを楽しむ!!』ことが・・

自然な生き方(自分を取り戻した生き方)になるのだけど・・

どうしたら、こんなふうに生きることができるのでしょうか・・。


それを知りたければ・・
自然のルールにしたがって生かされている植物や動物たちの生きるさまをみれば、わかるようになるわよ。



e0034540_16382173.pngお日様の光、空気、雨がもたらす水、
土から栄養をもらって
植物は生き・・

植物の命をいただいて、草食動物たちは生き・・
草食動物たちの命をいただいて、肉食動物は生き・・
小さな肉食動物の命をいただいて、大きな肉食動物は生きている。

海に暮らす生き物たちも
小さなものの命を大きなものがいただいて、生きている。

朽ちたものや排泄されたものは、土の栄養になったり
風や他の生き物が運んだ種が根付いて植物が芽をだしたり
実を結んだりして・・

生きているだけで、ほかの命と関わりをもって生かされ・・
『お互いさまのおかげさまのありがとう』でつながって、めぐりめぐっている。

頭の上にある空・・天のお父さん
足の下にある大地や海・・地のお母さん
から、自然の恵み(=神様の愛)を無条件・無償にいただいて

生きるために必要なものは、何の過不足もなくあたえられ、命をつないでいる。

でも・・

ヒトは、こんな自然とのつながりを信頼するより、自分たちの『あたま』をつかって・・

『快適さや快楽を追い求めること』
『自分たちの身の安全を守ること』
『自分の満たされないものを埋めようとすること』などに

気(=エネルギー)をつかうようになっていき・・

『我欲』や『防衛』が行き過ぎ・・

奪いあったり、他者を傷つけたり、欲しいものをむさぼったり
憎みあったり、お返ししようとしたりして

戦争や自然環境の破壊があちこちでおきているわよね。

『こころ』と『からだ』は、自然なものなので
こんな『あたま』の暴走についてけず、バランスを失い不調をかかえながら・・

地球のみんながそれぞれに輝いて、共に笑顔で暮らすことができなくなっているのよね。


こんな地球のありようも・・
ひとつの生命体として、常に成長・進化し続けているプロセスのひとつなのかもしれないと・・
ハッピーは感じているのよ。

地球の過去を振り返ると、これまでも地殻や気候の変動のなかで地球の様相は変わり
生命たちも衰退や淘汰や進化を遂げて今にいたっているものね。

地球は、今・・

『不調和や分離』を体験することで『調和と統合』がいかなるものかを学び・・
本来の地球に還るため、周波数が高くなっているのよ。

それで・・

地球上にあるものはみんな、地球の周波数に同調するための進化をとげようとしているの。

今までの『不調和や分離』の時代に、なんとか生き残るためにつかってきた気(=エネルギー)は・・

もはや使い古された不要な気(=エネルギー)として浄化され・・
『調和と統合』の時代にふさわしい純度の高い気(=エネルギー)に還元され
循環するようになってきているのよ。

e0034540_12502702.png

そして、これからは・・
最先端のテクノロジーと共存しながら

自然とのつながりをたいせつにした『自然な生き方』をすることで

地球のすべてのものが共存・共生・共栄して
みんなが笑顔で暮らせる地球になっていく・・と

サー・アイアイが言っていたわよ。

そこで・・

ハッピーが実践している自然とのつながりをたいせつにした『自然な生き方』を紹介しようと思います。
試してみたいことがあったら、参考にしてみてね。

『自然な生き方』は、人それぞれのやり方があってそれぞれにあったことをするのが一番だから
こころの声に耳をすませて、自分なりの方法をみつけてみてね。



食べる・・
寝る・・
排泄する・
これが、『生きる』こと。

おしっこをするところの近くには、性器があって・・
凸(オス-男性)と凹(メス-女性)が交わり結ばれることで・・
赤ちゃんが生まれ、『命をつなぐ』ことができる。

生き物はみんな・・
『食べること』と『休むこと』と『排泄すること』と『性を交わすこと』で命をつないでいるから
快食・快眠・快便・快性交であれば、『こころ』と『からだ』は健やかでいられる。

この『生きる土台』となる『基本的欲求』を自分で自分をお世話することでみたし
情緒や精神が安定するように、自分で自分のご機嫌をとって気分よく過ごせるようにすることで

『こころ』も『からだ』も健康で幸せにあるように生きることが、『生きる基本』となる。



神様は、生き物が、未来に子孫を残すことを楽しんで励めるように・・

e0034540_16114863.png『食べること=食=生存』と『性を交わすこと=性=子孫繁栄』の
命を生み・つないでいく『本能』に最も大きなよろこびと心地よさを味わえるように
『快感・快楽』を授けた。

この『快感・快楽』をともなった『本能の欲求』は、オスとメスにとって
(+)と(-)の磁石のようにひきあい、意志の力ではとうていあらがうことができないほどの大きなパワーとなり・・

『生きる力』を生み出す『性エネルギー』のもとになっている。


動物たちの『あたま』のなかでは・・
この『食=生存』と『性=子孫繁栄』にまつわる『生存』と『防衛』の『本能』が始終、働いていて・・

自分の身に近づいてくるものに対して・・

いい感じ・気持ちいい・気分がいい⇒
いやな感じ・気持ち悪い・気分が悪い⇒不快

を・・『からだ』をとおした『感覚=五感』でキャッチし、『こころ』をとおした『感情』によって
心地よく安全に生きていくのにふさわしいものでるかを判断している。

そして、眠っている間も、自分や家族の身を守るために・・
『ニオイ』により情報を交わしあっている。

これらの『ニオイ』は、エネルギーとしてある種の電気信号を発し、眉間のあたりで感じられる。


『ニオイ』を感じると、それが瞬時に原始の脳まで届き・・

今までに体験したさまざまな出来事(記憶)から『感情』がわきおこり
『快・不快』をかぎわけ、『生存』と『防衛』のためにホルモンや自律神経に指令がなされ
からだじゅうにさまざまな反応が起きてくる。

このようにして・・

『からだ』で感じる『感覚』と『こころ』で感じる『感情』がリンクして引き起こされる『情動』によって
緊急事態に備えて、自分では認知できない脳の深いレベルで様々な指令がなされている。

オスとメスは、生涯、この『情動』に突き動かされコントロールされてしまう『性エネルギー』を背負わされている。

『性エネルギー』は・・

理性ではコントロールしがたいほどに暴走して『獣』のようになってしまう『弱さ』と
好きな人や愛する人のためなら、自分の命やからだをさしだすほどの『強さ』のもとになっていて・・

いかなる状況であっても、子孫を残していくための『父性や母性のもと』にもなっている。

だから・・

『食べること』と『異性を求め、子孫を残すための行為をすること』に突き動かされる『食いしん坊』や『恋多き人』は、本能の欲求に正直な動物としての本性をもった、人間そのものの存在を肯定できているともいえ、生き物として『生きる力が強い』とも言える。

ただ・・・

この『性エネルギー』を自分の『我欲』を満たすためだけにつかってしまったり・・
自然のルールにしたがわず、『性エネルギー』を忌み嫌ったり、抑圧したりすると・・

とても、危険で・・

身を滅ぼしたり、生きる気力を失い『うつ』のような状態になってしまう。

けれども・・

『神聖なる野生』を目覚めさせ『こころ』と『からだ』が健康・健全にあるように
『性エネルギー』を自分で意識的にコントロールできるようになると神様とつながれるようになり・・

このものすごく大きな『生きる力』を生み出す『性エネルギー』は・・

神様から『授けられた仕事』をするためにフルにつかえるようになり
夢や希望をかなえることができるようになるため、この世で天国を生きられるようになる。

これを、『性エネルギーの昇華』という。



e0034540_03442741.png
ヒトは、年中、発情期である『性のなせる業』として・・

人間らしくふるまうための『理性』と
いかなる状況であっても子孫を残していくための『情動』の間で常に揺れ動き

『情動』から再現される『我欲』や『自己防衛』の過去のドラマに囚われ操られ、『今、ここ!!』にある本当の自分の意識は眠ったままになっている。



e0034540_10151752.png
そこで・・

神様は『性エネルギー』に翻弄されず生きられるように・・

好きなこと・得意なこと・やりたいこをワクワクしながらまごころをこめて、精一杯、楽しめるように仕事を授けてくださり

ここにエネルギーを集中している間は目覚めた状態でいられ、『生き甲斐』や『生きる糧』を得られるようにしてくださった。


ヒトがもっている『エネルギー』は『精』として・・

『生活』・『仕事』・『趣味・娯楽』・『性』にほどよいバランスでつかうことができるようになると・・
いつでも、ご機嫌よくリラックスしていられ、今、この瞬間、目の前にあることに気分よく集中できるようになる。

けれども・・

楽しくない仕事をしていたり、過剰に仕事をし過ぎていたり
仕事より趣味・娯楽に夢中になってばかりいたり、性愛におぼれていたりすると

自分のたいせつなエネルギー(精)は、健全・有効に活用されず・・
不自然な生き方として、ますます『今、ここ!!』を生きられなくなり、不調を感じてしまうようになる。

そこで・・

『性エネルギーを昇華』し、『こころ』と『からだ』を調整することがたいせつになってくるのよ。

『情動』に関わる気=(性エネルギー)の元がある『丹田』に意識を集中した『腹式呼吸』をすることと・・
『我欲』と『過剰な自己防衛』による過去のドラマにふりまわされない『平静さ』を保つ『瞑想』をすることと・・

『自然な生き方』を実践することで・・

『今、ここ!!』を生きることができるようになり・・
理性をも超えた、より人間らしいありようで生きられる『神聖なる野生』をとりもどすことができるようになるのよ。



ハッピー流の『丹田』に意識を集中した『腹式呼吸』のしかたを紹介します。


e0034540_15081722.png
おへその下にある『丹田』では・・

雄しべと雌しべがすでに受粉され
男性性と女性性がすでに受精されているイメージをもつことで

『性エネルギー』は統合され安定した状態になる。

すると・・

自分のたいせつなエネルギーである『自意識』が、外からやってくるほかの人のエネルギーにひっぱられることなく、自分のなかに込めることができるようになるため

『精』=『生気』をもらすことがなくなり、情緒は安定する。


さらに・・


e0034540_15120407.png
太陽の光が頭の上からはいり、『丹田』にたどりついたら
ここから美しい光の線(できるだけ太い線)を地球にのばして
地球のハートにしっかりつかんでもらうことで・・

『性エネルギー』は地球とつながり『グラウンディング』できるようになるため
自然(神様)とつながり、共にあることができ・・

神様に守られ愛され『今、ここ!!(今、ここを生きる)』にある現実を
地に足をつけてしっかり生きることができるようになるのよ。

さぁ~、いよいよ深い『腹式呼吸』をしていきましょう!!。

まずは、あたまを天にひっぱってもらい
足は地にしっかり根をおろすことをイメージしながら
背筋をまっすぐにのばしてみてね。

すると、胸がひらくようになるから、姿勢がよくなり、呼吸がしやすくなるわよ。

人に依存してしまう使い古された『性エネルギー』を肺からすっかり吐きだし
新鮮な空気=純度の高いエネルギー(気)をたっぷり吸い込み

新鮮な酸素や血液や水が、からだのすみずみまで循環することをイメージして
深い呼吸を繰り返してみてね。

この時、この絵のように・・

もはや使い古された不要な気(性エネルギー)は、月で浄化され・・
太陽までいたると、『調和と統合』の時代にふさわしい純度の高い気(=エネルギー)に還元され・・
循環するようになることをイメージしてみてね。

このとき・・

e0034540_3533511.pngおへその下あたりに手を置いて、赤ちゃんがお腹をへこませたりふくらませたりして
鼻でスースー気持ちよく呼吸をして眠っているイメージをすると上手にできるようになるわよ。

または・・

おへその下あたりある大きくふくらんだ風船から空気が少しずつもれ(鼻から吐き出す)てしぼんでいくことをイメージしてもOK!!よ。

どちらも、口をふさいで、鼻で呼吸してみてね。

こうすることで・・

横隔膜が上下して、肺のなかの空気がきれいになり、臓器が活発に動きだすから
からだのめぐり(=循環)がよくなって自律神経のバランスが整えられるため
排便もズムーズになり、免疫力がアップするわよ。

さらに、ホルモンバランスも整えられるようになるわよ。

からだのめぐり(=循環)をよくして、からだを温めることで、病気に対する抵抗力がグンとあがるのよ。

普段から、からだの内側から温かくなるような適度なリズム運動(軽い運動や散歩やランニングやよくかんで食べるなど)をしたり、からだを温めるような食生活や生活習慣(お風呂につかったり、手足を温める)をこころがけると、効果がアップするわよ。

さらにいいことには・・

あたまのてっぺんを糸でつるしたような姿勢で肩甲骨を寄せて、胸をしっかり開いて呼吸することで・・
腰がまっすぐに立つようになり、からだの歪みがとれて、腰痛や肩こりや頭痛にも効果があるのよ。

日ごろから、前かがみにならないように、姿勢に気をつけるだけで、体調も気分も上向きになって前に進む元気が湧いてくるわよ。



できるだけ、あたまをからっぽにしておなかの呼吸のことだけに集中して・・

呼吸を繰り返すごとに怒りや憎しみが浄化され
こころとからだの痛みが癒やされることをイメージしてみてね。

そして・・

『 わたしは、ありのままの自分で完全です!! リラックスしています』
『神様から愛され守られ、必要なものはすべていただいています。感謝です!!』
と唱えると気分がいい気(=エネルギー)で充たされ、からだのなかを循環するようになるわよ。


使い古された不要な気(性エネルギー)を浄化するときに・・

過去のドラマが再現され、過去の古傷が痛みとしてでてきたり
過去にかかったであろう病気が似たような症状として、次々に現れ、少々、辛い状態が続くけれど

これは病気というより、過去を振り返りこころやからだの歪みや偏りを修正して
本来の姿に還るためのプロセスなのよ。

これらの痛みや症状を受け入れ味わいつくしながら・・

命の尊さへの気づきや多様なものへの思いやりの気持ちや
生かされていることへの感謝の気持ちが生まれてくると・・

みんな、ひとつの『源の愛』から始まり、みんなが『家族』で・・
『源の愛』から生まれた地球にあるものは、みんなこの『源』に還ることがわかるようになるのよ。

こうして・・

神様の愛である『無条件・無償の愛』で、自分をはじめすべてのものを愛することができるようになると・・
地球の周波数と同調するようになり・・

自分で自分のことをたいせつに愛して・・
自分で自分のことを幸せにすることができれば・・

ほかの生き物も存在もすべてが、そのようになっていくことがわかるようになり・・
これが、生きる責任であり、神様から授けられた仕事(天命)であることに気づくようになるのよ。

すると・・

過去の痛みや傷を自らの力で癒すことができるようになり・・

使い古された不要な気(性エネルギー)は、『調和と統合』の時代にふさわしい純度の高い気(=エネルギー)に還元され循環するようになるのよ。



・からだのあちこちが凝って痛いときは、テニスボール・マッサージをする。

はかなくなった靴下に、このようにテニスボールを入れて・・
 
e0034540_16183482.png
体のツボにはまるように、ボールを移動させて
両端を輪ゴムでとめて、固定してから

ボールの上に体を乗せてグリグリしたり
足で踏んで、足ツボマッサージしたり

頭や肩やどこでも、これでポンポン軽くたたいてマッサージする。


・自分の『こころ』や『からだ』に手を当てて『いつも一緒にいてくれてありがとう』と言いながら・・・・

e0034540_16225417.png傷ついた『こころ』(ハートのあたり)をなでなで・・
傷ついた『からだ』(痛いところ)をなでなで・・

自分の手のぬくもりで『手当て』してあげると、『こころ』と『からだ』は癒されるわよ☆。



さらに・・

を自分で充実させてあげると・・

自分で自分のお世話をすることで感じる達成感が・・
自然(神様)とのつながりを強め、快眠・快食・快便になってくるわよ。

からだの調子がよくなると、こころの調子もよくなってくるから・・
いつも自分にやさしくしてあげて、ゆっくり・ゆっくり、元気になっていってね。


快性交については・・

『こころ』が通い合いありのままの自分でいられる人となされると
最高の癒しになり、いつまでも健やかで若々しくいられるわよ。

純度の高いエネルギーをお互いに交わしあえるから
まさに、この世の天国を味わえ神様とひとつになれるって感じよ。

このふたりがともに協力しあい補うことで、性エネルギー(精)はもれることがなくなり、最大限に有効活用することができるようになるから、お互いの夢や希望を叶え、お互いに高めあい輝きあうことができるようになるわよ。


性交せずとも・・

やさしくスキンシップしあったり、近くにいて目と目をあわせてお話するだけでも
よいエネルギーを交わしあえ、こころとからだは癒されるわよ。

お相手がいなくてもだいじょうぶ!!

本や映画などから憧れの人を見つけて恋した気分にひたるだけでも性ホルモンが活性化されるから、OK!!よ。

また、肌触りのいいクッションやシーツやふとんや下着やタオルなどが、肌に居心地よく感じられると
やさしくスキンシップされているように感じて、気分が安らぐから、OK!!よ。


『自然な生き方』を実践するために、ハッピーがこころがけていることを紹介します。

・朝、太陽の光をたっぷり浴びる。
・こまめに運動する。からだのどこの部位でもいいからリズム運動する。
 リラックスしながら散歩やランニングをする。
・できるだけ、深夜になる前に、部屋を暗くして眠るようにする。
・北枕にすると地球の磁場と同じ流れになり、からだのめぐりがよくなる。
・できるだけ、規則正しい生活をする。
・化学物質をつかっていない自然に近い食品をバランスのよく腹八分目、食べる。
 バランスのよい食事を心がけながら、からだが要求する食べたいものを食べさせてあげる。
 よくかんで、ひとつひとつの食品の味をしっかり味わう。
 お腹が空かないときは、お腹が空くまで食べないでいる。
 からだが重く、食べ物がおいしく感じないときは、プチ断食する。
 できたら白湯(温かいお湯)をとり、ほどよく水分補給をする。
 食物繊維や乳酸菌を積極的にとって、腸内環境をととのえる。
・からだを冷やさないような食生活や生活習慣を身につける。
・タバコは、自分の健康のためにも、周りの人の健康のためにもやめるようにする(必須)。 

・気分のいい香りや気分がほぐれる音楽に触れる、肌触りのいいものでからだを心地よくする。
・カラオケで大声出したり、運動して体を思い切り動かすなどして、抑圧した感情を吐き出させてあげる。
・気分が沈んだり、からだが疲れた時は、早めに休養をとって、からだとこころをゆっくり休める。
・自然や動物に触れて、こころとからだをリフレッシュする。
・こころやからだが不安定になっている時は、外出やアルコールや刺激物を控え静かに家で過ごすようにする。

・時間にゆとりをもって、できるだけゆったり暮らす。
・イヤなことや無理なことはできるだけしないようにする。
 「~せねば」より「~したい」というこころやからだの声に従うようにしてあげる。
・自分の素直な気持ちを人に伝え、助けがほしい時は助けてもらう。
・小さなことでもいいから、いつもと違うことを積極的にして五感を刺激し変化を楽しむ。
・気が合う人たちと触れ合い、人との交流を楽しむ。
・お笑い番組をみたり、微笑んでしまう可愛らしいものを見たりして、笑いを積極的に取り入れる。
・気分が良くなることやリラックスできることを積極的にしてストレス解消する。
・時には、ぜいたくをして生きるよろこびを味わわせてあげる。
・楽しいことやうれしくなることに罪悪感を感じず、時には少しだけ羽目をはずして自分をよろこばせてあげる。
・気分が落ち込むときは、自然に触れて静かなひとときを自分にあたえてあげる。

・できないことを責めたりせず、できたことのひとつひとつをほめて、小さな前進をよろこぶ。
・人と自分をくらべず、今の自分を肯定しながら、ありたい自分を描く。
・自分のためにも人のためにも、ウソをつかないようにする。
・足るを知り、今、ここにあるしあわせに気づき、感謝するようにする。

これらは一例で、人によって気分が良くなることは違うので
『こころ』と『からだ』の声に耳をすませて、自分にあったことを試してみてね。

いいことだとわかっていても、上手にできないときは無理しなくてもOK!! 
自分のペースですることがたいせつ!!

『こころ』と『からだ』が、少しづつほぐれて、元気になっていくことを感じられればそれだけでOK!!


地球の周波数に同調して、新しい自分になる前段階として・・

以下のような症状がでて、『うつ』のような気分になるかもしれないけれど、こころとからだが新しく生まれ変わろうとしている・本当の自分に戻っていこうとしているサインだから、あまり怖がらずにいてね。

今まで無理させて抑えてきたことがどっと吹き出してくるから、こころとからだの声に耳をすませて、しっかり休ませながら、自分にウソをつくのをやめて、やさしくなっていってね。

こうすることで、少しづつ元気を取り戻して、無理なく超えていくことができるから安心してね。

ちょうど、傷口から膿がでて、治して癒していこうとしているのと似ている感じよ。

・できたことが億劫になってできなくなったり、楽しかったことが楽しめなくなったり・・
・何もしていなくても、疲れてしまって気力が失せていくように感じたり・・
・ぼんやりして、いつでも眠いような感じになったり・・

・何も悪くないのに、人の期待に応えられない自分がとても悪いことをしているように感じたり・・
・人に親切にされたり、やさしくされることに抵抗を感じてしまったり・・
・正当なことであっても、それを要求することに罪悪感を感じてしまったり・・

・異性に対して、過剰に自意識を感じて、いつも見られているように感じドキドキしたり・・
・性に対して嫌悪や不潔感を感じて、恋する気持ちをもつことに罪悪感や恐れを感じたり・・
・性への欲求や関心が強くなって、自分が『獣』であることに驚き、こんな自分を許せなく感じたり・・
・異性がおそってきそうで怖く感じたり、性的な対象として見られることを許せなく感じたり・・

・自分の考えていることが人に伝わり、自分の汚いこころを人に読まれるのを怖く感じたり・・
・人の仕草や受け応えに敏感になり、自分や相手に非がないかを異常に気にしたり・・
・人の期待に応えることも人から期待されることも、ひどくイヤになり、放っておいてほしくなったり・・
・自分が幸せになろうとすると誰かが不幸になるという思い込み、自分がどう生きていいのかわからなくなったり・・
・自分の夢をかなえようとすると必ず障害になる人や出来事が起きてしまい、幸せに生きる気力が失せてしまったり・・

・からだのあちこちが痛くなったり・・
・人や自分のニオイに敏感になり、気分を悪くしたり、気が散ったり、滅入ったり・・
・人のニオイ=気(エネルギー)が自分のなかに入ってきて、同じようなニオイになってしまったり、自分の意識をのっとられたように感じて集中できなくなったり、異物感を感じて嫌な気分になったりする・・

この他にも、今まで感じたことがないような症状や気分になったら、『古い自分を脱ぎ捨てる時が来ている!!』と思ってみてね。


ヒトのからだのなかには、進化をとげたもののすべて・・

動物や植物や微生物や菌類や鉱物・・
ヒトになってからの様々な人間のありようのすべてが息づいていて・・

植物だった時代の記憶もDNAのなかにあり、その時のシステムが残っているとハッピーは感じているの。

e0034540_16291680.png

植物は、余計なことをなにも考えないで、自然な呼吸をしているだけで
天と地とつながって、生きていくために必要なものをすべていただき

花を咲かせ受粉して実を結ぶことができるわよね。

ヒトも太陽の光をたっぷり浴びて・・
大地にしっかり根づく『丹田腹式呼吸』を繰り返すことで
植物のように『グラウンディング』できると感じているの。

植物もヒトも同じって感じよ。

そうすることで・・

オスとメスによる『性エネルギー』のコントロールから解放され・・

今していることだけにリラックスして集中できて仕事や勉強ははかどり、とても気分がよくなるばかりでなく
あたまは直接、神様とつながっているから、素敵なひらめき(直感)や素晴らしいアイディアが浮かぶようになるのよ。

ここでたいせつなのは・・

花には、『我欲』はなく、ただ自分の花を咲かせるためだけに精一杯、楽しんで生きているだけで
生きるために必要なものは、すべて神様からいただけ幸せに生かされているってことなの。

こんなふうに花のように生きられるようになると、『性エネルギー』は昇華されていくわよ。


『性エネルギー』の昇華で、気をつけてほしいことは・・

オスとメスの『性エネルギー』をむやみに、抑圧したり、ないがしろにしたり、汚らわしいものとして否定してしまうと『性エネルギー』は昇華されなくなるばかりでなく、とても危険なことになってしまうのよ。

『性エネルギー』は、一番大きな根源的な『生きる力』なの・・
だから、これを否定してしまったら『生きる気力』がなくなり『うつ』のような状態になってしまうからよ。

自分や人の『性』に対する恥じる気持ちや罪悪感や悪いイメージを抱くことも・・
自尊心をひどく傷つけることになり、こころやからだを傷つけるのと同じことになり・・
幸せに生きることを自分で許さなくさせてしまうからよ。

性に対して、潔癖すぎる家庭で育ったり・・
幼いころ両親が不仲だったり・・
性的に辛い過去があったり・・
性に対する強いコンプレックスがあると・・

『性』に対する『ゆがんだ考え方や思い込み』をしてしまうことがあり・・
性の自然なありように、こころを開くことは難しいかもしれないけれど・・

純粋な気持ちで恋することは、この世で一番幸せなことであり素敵なことだと思えるような映画やドラマを観て、少しづつこころをほどいていってね。


『おしべ』と『めしべ』の受粉も・・
オスとメスの性の交わりも・・

純粋な愛で結ばれた『命の誕生』は、最も神聖なものであることを忘れないでいてほしいの。


正しい知識をもって・・

お互いのこころが通いあった人と、こころとからだを大切に思いやりながら幸せに満ちた気分で性交することが
人間らしい『自然な生き方』であり、こころとからだは癒され健やかになっていくことをこころにとめておいてね。




e0034540_16354298.pngこの絵は、『チャクラ』をあらわしています。

からだのなかには、目に見えない『チャクラ』というエネルギーセンターがあって、この絵のようにからだの部位によって、『虹色の光』を発しているのよ。

太陽の光を浴びると・・

この絵のように『チャクラ』は、きれいな『虹色の光』を発するようになって
ホルモンバランスが整えられ、こころとからだが健やかになるのよ。

植物もヒトも同じって感じよ。



周波数が高くなった地球と同調するために、こころとからだを調整して慣らしていくために・・

『丹田』に意識を集中した『腹式呼吸』と『瞑想』と『自然な生き方』を実践しながら・・
免疫力を高める生活習慣を身につけ、自分の自然治癒力を信じて乗り超えてね。

これが、新しい時代を生きていくわたしたちにとって、必要な『進化」になっていくわよ。


e0034540_10314393.png
植物たちが冬には、じっと耐えて根をはっているように・・

今は、しっかり『グラウンディング』して・・
本来の姿に還っていこう。

眠っていた子供は、もうすぐ目覚め・・
春の太陽の『光』で、花は開くよ。


こうして・・

地球のすべてのものをたいせつに思いやりあって・・
地球のすべてのものが、笑顔で共存・共生・共栄できる・・
安らぎに満ちた平和な地球にしていこう☆。

















[PR]
by m-happa | 2016-02-15 06:26 | ムート&フレンズ | Comments(0)

『Natural & Simple・Easy・Relax !! 』にをモットーに毎日を自分らしく楽しく・美味しく・心豊かに暮らしています。           こころのままに 気分よくハッピーに・・☆


by m-happa