「ほっ」と。キャンペーン

可愛い子には旅をさせろ・・

e0034540_1952161.png


このブーツは、はじめて、ひとり旅にでた時・・
お父さんライオンからプレゼントされたものだよ。

このブーツで旅したさまざまな体験は、ぼくを着実に成長させてくれ、ぼくを冒険好きにしてくれたよ。

だから、このブーツはぼくのよき相棒でもあるんだ。

はじめてのひとり旅は、ぼくにとって、ウキウキ・ワクワク・ドキドキの旅だったよ。

まず、水や食べ物は自分で見つけなくてはならなかったら、水のみ場をさがそうと、歩きはじめたよ。

きれいな花を見つけたり、たくさんの生き物と出会うことは、刺激的でワクワクする発見がいっぱいだったよ。

それに、自分一人で好きなところを歩くのは、このうえなく自由な感じで、なんでも一人でできると思えたから、とても楽しかったよ。

そんな旅のなかで、戦争で苦しんでいる人や、貧しくてご飯をお腹いっぱい食べられない人たちにも出会ったよ。

ぼくが知らないところで、たいへんなおもいをしている人たちが、たくさんいることを知って、こころがとても痛くなった。

そして、そのたびに「ぼくにできることはないだろうか?」と思うようになったんだ。

そうやって、ぼくは見知らぬ土地を何日も歩いたよ。
最初は楽しかった旅も、だんだん食べ物にもありつけなくなり、水のみ場も見つけることができなくなってしまったんだ。

「どうしよう?どうしよう?」って、何度も思った。

だけど、「ぼくは、こんなことでは負けない・絶対に負けない・負けてたまるもんか!!」って、つぶやいては、生きるために、食べられそうなものを見つけて、なんとか旅を続けていたんだ。

けれど、ある日、お腹もペコペコで疲れはてて、歩けなくなってしまったんだ。

「お父さんは、楽しんでおいで・・」って言ったのに、『どこが楽しいの~~~?』と、だんだん心細くなってきた。

「ぼくはどうなってしまうんだろう?どうしよう・・誰か助けて~・・お母さん・お母さ~ん」と、叫ぶと涙がポトンと落ちた。

次から次へとこぼれ落ちる涙はとめどなく、ブーツにいくつも水玉模様のシミをこしらえた。
自慢の七色のたてがみは、すっかり色あせ、肩をぐったりさせて、ただただ泣くばかりだった。

そんなラオリーの耳元で・・だれかがつぶやく声がきこえたんだ。
「ラオリー、祈りなさい」・・って。

ぼくは、はっとした。
「お母さんだ!!」・・お母さんが、祈りなさいって言っている。

「神様がいつだって守っていてくださる、大丈夫・大丈夫よ!!」と、出発の朝、お母さんはそう言って、ぼくを見送ってくれたじゃないか。

「そうだよ、ぼくは強いんだ。強くなって、家に帰るんだ!! 神様に守られているから、大丈夫。必ず、家に帰れる!!」と、強く思い、ぎゅっ!!とにぎりこぶしをつくって、そのことを何度も何度もつぶやいたんだ。


すると、遠くの方から、見知らぬライオンの家族がやってくるではないか・・
彼らは、温かいまなざしを向けながら、こちらに近づいてきた。

「だいじょうぶ?お腹すいてない?」とぼくと同じぐらいの年のライオンがぼくの肩に手をおいた。
ぼくは、力が”ふわっ”とぬけて、温かい涙がじわ~っとあふれてきた。

「祈りがつうじたんだ。ぼくは助かった。ありがとう・神様!!」


ライオンの家族は、ぼくに温かいご飯とふわふわのお布団を用意してくれて・・
みんなで、やさしくもてなしてくれたよ。

ぼくは、すっかりうちとけて、旅であったことをたくさんお話したよ。
それに、彼らも、ぼくにいろいろなお話をしてくれたよ。

知らない土地で知らない人たちとお話しすることで、今まで知らなかったことをお互いに交換しあうことがこれほど楽しく、お互いにこころを通い合わせることがとても温かくて素敵なことも知ったよ。

また・・
どこに行っても、同じ仲間どうし、困っていたら助けあうことは、とても自然なことだったんだね。

こうして、人の情けに触れることのありがたさを知ったよ。


そして・・
『自分にはできる。どんなことも乗り越えることができる!!』と自分を強く信じることの大切さと・・

『どんな時も神様は、必ず守ってくださる』ことを信じる気持ちさえあれば、必ず、神様に守られ、どんな困難でも乗り越えることができることを身をもって学んだんだ。

生きることとは、どんなことなのか・・
辛抱することや絶対にあきらめないことが、どんなことなのか・・
人の苦しみや悲しみ、情けが、どんなことなのか・・

そして・・
ひとりで生きることの自由と孤独、ひとりだち(自立する)ことのたいへんさを身をもって知ることができたと当時に、家族のありがたみがよくわかるようになったよ。

さらに、どこにても、必ず支えあえる人に巡り合える!!
ということも知ることができたよ。

こうして、この旅では、たくさんの貴重なことを学ぶことができたよ。

そして、やがて・・
ぼくも、お父さんやお母さんのもとから巣立ち、自分の家族をもちたいと思うようになったよ。


「ラオリーよ!! 真の勇者(ゆうしゃ)であり、賢者(けんじゃ)となって弱い者を守りなさい」と、いつも、お父さんライオンから教えられているんだけど。

その意味がなんとなく、わかるようになってきたよ。

旅の途中で、お父さんは、ぼくにひどい意地悪をしていると思ったけど・・
『獅子はその児を千仞(せんじん)の谷底に落とす』という教えにならった・・
可愛い我が子をたくましく育てるための、お父さんライオンの真のやさしさだったことにも気づけたよ。

「どう・・ぼく、強くなった?」
お父さん、お母さん・・
神様、ありがとう。

このブーツは、今でも愛用している
ぼくの宝物だよ。













[PR]
by m-happa | 2016-08-13 19:59 | Comments(0)

『Natural & Simple・Easy・Relax !! 』にをモットーに毎日を自分らしく楽しく・美味しく・心豊かに暮らしています。           こころのままに 気分よくハッピーに・・☆


by m-happa