やりたいことをしよう・・

e0034540_19254861.png

ラッキーは、いつも楽しいことばかりしていて・・
ちょっとうらやましいなぁ~。

うん、楽しいことを空想するのが大好きで、のんびりやさんのぼくだけど・・
けっこう好奇心が旺盛だから、「楽しそ~!!」って思うことは、とにかくやってみることにしているんだ。

やってみるとね・・思ってもみなかった発見がいっぱいだよ。

旅にでたければ、旅にでてみよう。
食べたい物があったら、食べてみよう。
やってみたいことがあったら、とにかくやってみよう!!

きみのこころの声が、『どうしても、これをしたい!!』と思うことは・・

神様が、きみに必要なもの・きみを幸せにしてくれること・きみの魂を成長させることに導いてくださっているんだ。

なのに・・
やりたいことがあっても、ただ考えているだけだったり・・、空想しているだけでは何もはじまらないよ。

それに・・
まわりの人に迷惑をかけたり、身勝手にならないようにすることばかり気にしていたら、動けなくなってしまうよ。

だから・・
あまり難しく考えることをやめにして・・
『すべてが、うまくまわりますように・・』と神様にお祈りしながら・・

『ぼくは、○○していい!!』と自分に許可をあたえて・・
『ぼくは、○○してみたいから、○○します!!』と自分や、まわりの人に宣言しよう。

そうすると、神様はきみからのメッセージを受け取って・・
そうなるための『自然な流れ』をつくってくださるよ。

そしたら、その流れに素直にのってしまえばいいんだよ。

もし、自然な流れができなかったとしたら、それは、今のきみには必要ないことなんだ。
だから、自然な流れができるまで保留にしておけばいいんだよ。


やりたいことをしてみたけど・・
『あれっ?これは違うかなぁ? なんか、楽しくないなぁ~』って思うこともあるよね。

でもね『これは違う!!』ってことがわかることも、たいせつなことなんだ。
その経験が、後できっと役に立つよ。

こんなふうにやりたいことをいろいろやっているうちに・・
きみが知らなかった世界を知ることができるようになったり・・
きみが本当にしたいことがわかるようになるよ。


さぁ~、自分のこころに正直に、やりたいことをしてみよう!!。

*********************************************

ラッキーが言うように、やりたいことをしてみたいけどさ・・
現実は、そんなに簡単にいかないんじゃないのかなぁ~。

今、置かれている状況や環境が身動きできない状態になっていることもあるし・・

りたいことで、身を立てていける保証がないから、やりたくないことでも、安全で手堅いことから離れるのがこわかったり・・

やりたい仕事についたものの、理不尽なことがおきていたり、自分が思うようなことができなかったりして、会社や組織はそういうものなのだとあきらめざるをえないこともあるよ。


そんなふうに思ってしまうこと、ぼくにもよくわかるよ・・。

でも・・
実は、これは単なる『思い込み』だったりするんだ。

*********************************************

置かれている状況や環境がどうであれ・・
もし、こころの底から『やりたいことをしたい!!』と思うのであれば、いくらでも方法は見つかるよ。

それを自分ひとりで何とかしようと思うから、『できない!!』って思いこんでしまうんだ。

こんなときは、『困った時の神頼み』をすればいいんだよ。

このことについては、ラオリーの『だいじょうぶ、ひとりじゃないよ・・』をのぞいてみてね。

*********************************************

あと・・
『オリンピック選手になりたい』、『芸術家になりたい』、『起業したい』など、相当の才能と努力が必要なことを目指そうとしたとき、親や近くにいる人が、そんな夢みたいなこと考えないで、地味でも安定している仕事につきなさいと、夢をあきらめさせるようなことを言われ続けていたら・・

「親のいうことをきいていたら間違いはなく、親に従うことは当然で、それが親孝行!!なんだ」と思い込んでしまい、夢をたやすくあきらめてしまうこともあるよね。

きみの『種』(神様からもらった特質)は、きみがやりたいこをして、よろこびをもって楽しく生きていくためのものであり、きみをきみらしく輝かせてくれるものなのに・・

こんなふうに、夢にチャレンジする前に、自分の『種の『素晴らしさ』や『力』を信じることができなかったら、この先もずっと、きみは自分に自信をもつことなく生きていくことになってしまうよ。

これは、実は、神様が一番、悲しまれることなんだ。

なぜなら、自分の『素晴らしさ』や『力』を信じることができなかったら、自分の花を咲かせることができなくなってしまうからだよ。

それに・・
自分を信じることができないと・・
誰もがもっている、その人らしい『素晴らしさ』や『力』を信じることができず・・

自分も人も尊敬できないばかりか・・
自分も人も信頼できなくなってしまうんだ。

こうして・・
きみがきみの『種』を生きずにいたら・・
自分を生かす、『頼り』になるものがなくなってしまうんだ。

神様は、だれにも、これを『頼り』にしていれば、自分らしくちゃんと生きていけるものをあたえてくださっているのにね・・。

ラオリーの『自分の花を咲かせよう・・』をのぞいてみてね。

*********************************************

また・・
「入社したら、会社のために尽くすのは当然!!」
「誰よりも早く来て、誰よりも遅くまで仕事に励むことはすばらしい!!」
「人手がたりないから、
有休をひかえ、休み時間も短くするのは当然!!」
「上司や目上の人の言うことは絶対で、正しい!!」
などと思い込まされていたら・・

まじめで一生懸命な人ほど、人や会社や組織の期待にこたえようと頑張って、この洗脳された考えからぬけだせなくなってしまうんだ。

時の流れとともに様々なことが変化して、今まで当然だったことや常識だとされてきたことも、古いものになっていくことに気づけなくなってしまうんだ。

本当は・・
定時に仕事を終わって、その余暇を好きなことや自分磨きや家族や友達と過ごすためにつかいたい・・

誰にも気がねなく、有給休暇をとって、海外旅行や普段できないことをして、リフレッシュしたい・・

たまには、時間休暇をとって、平日に済ませたいことをしたい・・

自分の考えや意見をきいてもらって、少しでも、いい方向にすべてが進むようにしたい・・

こんな風に思っていても、それを最初からあきらめて・・
自分の本当のこころにウソをつき続けていると・・

こころには、神様がお住まいになっているから・・
こころとからだに不調を訴え『本当の自分を生きて~!!』とサイレンを鳴らすんだ。

けれど、そのサイレンさえ『きっと、気合がたりないからだ!!』とか『自分が弱いからだ!!』と言い聞かせて無視し続けていると、こころやからだは辛さを感じなくさせるために麻痺してしまい。

本当の自分の感情や痛みを封じ込めて感じないようにさせてしまうんだ。

そして、気づいたときには、ギブアップの状態になってしまうんだ。

ここまで自分を追い込んでしまったのは、誰だろう?

きっと、誰かや何かのせいにしたくなってしまうよね・・
けれども、実は、誰のせいでもない、きみ自身が自分を追い込んでしまったことに気づいてほしいんだ。

*********************************************

ほめられたい、認められたい・・
いい人、立派な人になりたい・・
一番になりたい、有名になりたい・・
お金や地位や名誉がある人になりたい・・
好きな人に気に入られたい、好かれたい・・
などと、いつも高い向上心をもっていると・・

無意識のうちに・・
親や世間や好きな人の期待や要望に応える『いい人、いい子』でいなければと思い込み・・
そうでない自分を発見すると、自分が許せなくなり・・
常に自分を厳しく見張り、罰してしまうくせがついてしまっているんだ。

そのうえ・・
いい人、いい子でなければ・・
自分に期待をかけてくれている親や世間や好きな人を裏切ることになり、悲しませてしまう・・
愛してもらえない、認めてもらえなくなってしまうと・・
思い込んで・・

これも、無意識のうちに・・

誰からも愛される自分・・
人に嫌われない自分・・
になろうと、一生懸命になってしまうんだ。

その結果・・
ありのままの本当の自分でいようとするより、人が望む姿の自分になろうとして・・
八方美人の八方ふさがりになって、本当のきみのままでいられる居場所がなくなってしまうんだ。

そうして・・
『きみがきみらしくいることで最も輝き、美しく素晴らしい☆』という神様からのメッセージには、まったく気づけなくなり・・

自分を見失い・・
自分で握るはずの人生のハンドルを人に握らせてしまうことになるんだ。

これは、自分ではないものに、しかれたレールの上を盲目状態になって、ヒィヒィいいながら、歩いているようなものなんだ。

こんなのって、本当に辛いよね。

もっと、簡単にいうと・・
きみは、誰の色にも染まり続け、自分の色がなくなってしまい・・
いつも、誰かに、きみ自身を乗っ取られている状態になってしまうんだ。

きみの『種』は、本当の自分を生きてほしくて・・
自分ではないものがハンドルを握ろうとしているとき、違和感を感じて・・

こころやからだに不調を訴えるんだ。


最近、よく眠れないなぁ~とか・・
ご飯が美味しくないなぁ~とか・・
からだが重くて、不調だなぁ~とか・・

今まで、楽しかったことが楽しく感じられないなぁ~とか・・
家に帰ったら、とにかく、静かにからだを休めたいとか・・
今まで、普通にできたことが、おっくうに感じるようになったとか・・
今、していることに気分よく集中できないなぁ~と感じるようなら・・

e0034540_14124221.png 
一度、立ち止まって自分のことを振り返ってほしんだ。

もし、立ち止まることをしないでいたら・・
暗闇のトンネルのなかにはいってしまうよ。


いやなことでも『Yes!!』と言ってない?
いやなことでも『こういうものなんだ、これでいいんだ』と、言い聞かせていない?

人がイヤな顔になったり・不機嫌になるのを見たくないから、『自分が我慢していればいいや』と思っていない?

本当は、したいことがあるんじゃない?
本当の自分にウソをついていない?
ありのままに生きることを怖がっていない?

小さい頃、憧れていたものは何?
夢や希望は何?

ワクワクできることや好きなことや楽しいことや得意なことは何?
自分によろこびをあたえてくれるものは何?

とにかく、この今の瞬間にしたいことは何?

少しの時間でいいから、ちょっと考えてみて・・
すると、こころのなかに住んでいる本当の自分が、色んなことをつぶやきだすよ。


『とにかく休みたい!!』って、つぶやいていたら・
ストレスが多い場所から自分を切り離して、こころ安らげる場所に自分を連れて行ってあげよう・・

まじめで責任感が強くやさしいきみのことだから・・
『今、そんなことができるはずがない』とか・・
『自分がいなくなってしまったら、困る人がいる、悲しむ人がいる、見捨てられない』とか思ってしまうかもしれないけど・・

どうか・・
自分のことを自分で大切にして・・
自分のことを自分で守ってほしんだ。

きみが、きみに『休んでもいいんだよ。この場所から離れても、だいじょうぶだよ・・』と自分を許してあげてほしいんだ。

そうしないと・・
『休みたい・離れたい』と言っている ”本当の自分”と・・
『何を言っているんだ』と ”いい子の仮面をかぶった偽りの自分”が・・
ふたりでハンドルを握って、アクセルを踏みながら、ブレーキをかけている状態になり・・
前に進めなくなるばかりでなく、正反対の力でひっぱりあっているから・・
ひどく疲れてしまうんだ。

もちろん、このままいったら、からだ(=車)はこわれてしまうよ。

神様はいつでも『きみがどうしたいか?』をとても大切にしていて・・
きみの自由な意思を尊重していると同時に、きみの意思表示がなければ、神様としてはどうすることもできないんだ。

どうか、悩むことはやめにして『だいじょうぶ、なんとなかなるよ。きっと、すべてうまくいく!! まずは、こころとからだを休ませよう・ここから離れよう!!』と決めて、そのことをまわりの人に意思表示しよう。

そうすれば、神様は、きみが休めるような流れをつくってくださるから・・
まずは、こころとからだをゆっくり休めて元気になろう。


もし、今は、ストレスを感じているけど、改善されたら、ここにいたい!!
こんなふうに思うのなら、自分が思っている本当の気持ちを言葉に出して言ってみよう。

それによって、一時、嵐がおきても・・
『雨降って、地固まる』のように、最終的に改善がなされれば、きみだけでなくまわりのみんなにとってもいいことがまわりだし、みんなで笑顔になれるよ。

もし・・
本当の気持ちを伝えたことで、もっと厳しいことが起きたり、そこに居られなくなったら、もう、そこはきみの居場所ではないことを神様が知らせてくれているよ。

たとえ・・
そこが慣れ親しんだところであったとしても・・
お世話になったと感じる人たちがいるところであったとしても・・
愛したいと思っている人がいる場所であったとしても・・
血のつながった家族と過ごしている場所であったとしても・・

きみは、そこでの学びを終えて『巣立つ』ときが来ている・・
または、新しい学びの場所に『進級する』ときが来ている・・
ということなんだ。

だから、潔くそこから巣立とう・進級しよう・・
そこを離れた先には、今まで知らなかった世界や人たちが待っている・・
きみがきみらしく輝ける場所が用意されているってことなんだ。

そうすることで、すべてがうまくまわりだすよ。

だけど・・
今まで慣れ親しんだものから離れることは不安だし寂しいよね・・
今までとは違うところに飛び込んでいくのは、冒険みたいで、怖いよね・・
ちぐはぐしていてうまくいかない人でも、『好き!!』という気持ちがあると離れられないよね・・
いろいろあったとしても、恩を感じていたら、そこから離れることに罪悪感を感じてしまうよね・・

やさしくてまじめなきみだからこそ、こんなふうに思ってしまうんだよね。

でもね・・
そこから離れることが、きみがこの世で果たす『人生の課題』になっていることに気づいてほしいんだ。

神様がせっかく、あたえてくださったチャンスをここで逃してしまったら・・

きみの人生も、才能も埋もれさせたまま・・
成長したがっている魂をおさえつけ・・
こころもからだも痛みをこらえて、生きることになってしまうばかりでなく・・

まわりにいる人たちの魂の成長の妨げにもなってしまうんだ。

そればかりでなく・・
もし、この課題をここで果たすことができなかったら、来世では、きみは立場を変えてこのような人たちと関わることになり、この負の連鎖は、お互いに立場を変えて、いつまでも、続いていくことになるでしょう。

そうならないためにも・・

今までお世話になったこと・・
自分を生んで育ててくれたこと・・
いろんなことがあったけど、すべてが学びだったこと・・
このすべてに感謝しよう。

そして・・
彼らのしあわせをこころから祈り・・
未練や執着を断ち切り・・
罪悪感や後ろめたさや後ろ髪をひかることなく・・
スッキリした気分で、そこから離れよう・・

こうしうて、この課題をクリアーするができれば・・。

きみやまわりにいた人たちは『無条件・無償の愛』について、学ぶことができ・・
きみの魂は、大きく成長でき・・
きみは、きみの花を咲かせる『光の道』に力強く堂々と進んでいくことができるよ。

だから・・
この先、『もう二度と会えなくなったとしてもいい!!』という覚悟をもって、後ろを振り返らず、前を向いて歩いていってほしいんだ。

こうして・・
お別れした後、お互いに魂を成長させることができれば、今度はお互いを輝かせあえる関係になって、笑顔で再会することができるでしょう。

********************************************

さっき、きみ自身が自分を追い込んでしまったことに気づいてほしいとお話したでしょ・・

これは、どういうことかというと・・
自分の人生のハンドルを自分でもって、自分で自分の道を切り拓いて進んでいくことを妨げる『思い込み』が、きみ自身を縛っていたってことなんだ。

この『思い込み』の呪縛を解き放って、きみはきみがやりたいことをして・・
きみが笑顔でいられる人たちと共に、気分よくしあわせに生きることを神様は望まれていて・・

それが、きみの花を咲かることであることに気づいてほしいんだ。

いい人、いい子になるのは、もう卒業しよう!!。
ありのままの本当の自分の『素晴らしさ』と『力』を信じて、自分を生きよう☆。

自分の本当の気持ちと違うことには、『No!!』と言ってもいいんだよ・・
こみあげる本当の気持ちに正直に生きていいんだよ・・

やりたいことを自由にして、人生をいくらでも楽しんでしあわせに生きていいんだよ・・
人のために生きるより、自分のことをたいせつにして生きていいんだよ・・
と、きみがきみに許可をあたえよう。

そして、そのように行動すると決めて・・
自分やまわりの人に宣言して・・

そうなるように動きだせば・・
神様は、そうなる流れをつくってくださるよ。

『親やお世話になった人と、自分は別の人生を生きている!!』
『自分は自分以外のだれにもなれない、ありのままの自分でいいんだ!!』・・
『自分の人生は、自分のもの!! 自分を生きていいんだ!!』と、自信をもってごらん・・

自分にやさしく、自分をたいせつに愛することができれば・・
自然に人にやさしくなれて、人のこともたいせつに愛することができるようになるよ。

こうして・・
きみが自立できるようになると、まわりの人たちも自立できるようになっていくよ。

ほらっ、すべてがうまくまわりだすでしょ・・。


楽に考えていたら、ラッキー(lucky)になれるよ。

すべて、うまくいく・・うまくいっている☆


新しい自分・本当の自分に生まれ変わっていこう・・。

そうすれば・・
この世でたったひとりのきみは、かけがえのない尊い存在として、すごく輝きだすよ。
すると、きみのまわりには、きみの輝きに引き寄せられた素敵な仲間たちが集まってくるよ。

彼らとは、本音で語りあえて、それぞれが好きなことをしているだけで、お互いがお互いをサポートしあえ、笑顔で輝きあえる仲間になれ、家族のようになれるよ。

神様は『ありのままにやりたいことを存分に楽しんで、みんなと笑顔で、しあわせに生きておいで!!』と命をあたえてくださったのだから、その気持ちにこたえることが、神様から『授けられた仕事』であり、それが、れぞれの命にあたえられた『天命』になるよ。

この『天命』を情熱をもってワクワクしながら生きることで、人生は輝きに満ち、自分をしあわせにしてくれるものを神様から何でもあたえられるようになるよ。

そして、いつでも、そんなきみのことを神様が見守り応援してくださっていることをどうか忘れないでね。

*********************************************

どうしてもやりたい、でも、これは、本当はしてはいけないことかもしれない・・
こんなふうに思ってしまうこともあるよね。

でも、どうしても・どうしても・どうしてもやりたい・・
このやりたい気持ちから逃れられない・・

いけないことだと思えば思うほど、やりたい気持ちが募ってしまう・・

または、
この今の辛さから逃れる方法はこれしかない・・

こんなふうに思ってしまうのなら・・
もう、これはやってみるしかないんだ。

結果として、失敗や過ちだったとしても・・
きみが、どれだけ辛く苦いおもいをしたとしても、どれだけ人や自分を傷つけたとしても・・

それは、神様からあたえられたものなんだ。

きみがそこから何を学び、どう失敗や過ちをあらため、どう立ち直り、生まれ変われるかを神様は見守っていらっしゃるんだ。

ここで得た体験は・・
人の『弱さ』を思い知り・・
また、そこから立ち直ることができる人の『強さ』を実体験をもって知ることによって・・

きみの魂は大きく成長することができるよ。

ここで、きみがやりたいことをしなかったとしても・・
遅かれ早かれ、きっと同じようなことに出会い・・
きみは『これをするか・とどまるか』の選択に迫られることになるだろう。

なぜなら、神様はきみにこのチャレンジをあたえたがっているからだよ。
きみなら、このチャレンジをのり超え、魂を成長させることわかっているからね。

だから、恐れずに、勇気をもって、やりたいことをしてみよう!!
冒険してみよう!!

どんな体験も、そこから感じたことや学んだことは、きみの人生を奥深いものにし、人の痛みや苦しみを理解できる思いやりを育てる『宝物』になるから。


だからといって・・
深く考えることのなく衝動的になってはいけないんだ。

また、人の命や自分の命を傷つけることは、してはいけないことはわかるよね。

これは、どんなことがあっても、ブレーキをかける必要があるよ。
自分でブレーキをかけられなかったら、人の助けを借りてでも、ブレーキをかける必要があるよ。

ここで、自分をなだめ納得させて、ブレーキをかけることができるようになれば・・
きみは自分の意思で、自分をコントロールできるようになり・・
自分を自由にさせることができるようになるんだ。

すると、魂は大きく成長できるよ。

*********************************************

きみの人生はだれのものでもない、きみのもの・・
やりたくないことをして、本当の自分でないことをしている間はないよ・・

ありのままのきみが・・
楽しめること・・
いい気分になれること・・
しあわせになれること・・
よろこびや生きがいを感じること・・
やりたいことをしよう!!。

そこで出会った人たちや出来事は、きみの『宝物』になるはずだから・・。

たくさんの人や出来事と出会うことで・・

世界は、きみが思っているよりずっと、広くて・・
やさしい人や素敵な人がたくさんいることに気づくよ・・
そして、きみをワクワクさせてくれる場所がいっぱいあることにも気づいていけるよ。

そうしているうちに・・
きっと、きみは、人の『素晴らしさ』を発見することが得意になり・・
この世のたくさんの『美』にも触れられるようになり・・

今より、もっともっと、本当の意味でやさしい人になれるよ。


さぁ~、新しい自分、本当の自分に出会える冒険の旅に出よう!!。











[PR]
by m-happa | 2016-06-28 19:26 | Comments(0)

『Natural & Simple・Easy・Relax !! 』にをモットーに毎日を自分らしく楽しく・美味しく・心豊かに暮らしています。           こころのままに 気分よくハッピーに・・☆


by m-happa