こころ&体&健康

健康に生きるって・・・

今日は、山梨大学公開講座 ”すこやかに生きる”「元気で長生きの秘訣」~健康寿命日本一やまなし~ に行ってきました。

なんせ、この手の講座には”ビビッ”と反応する近頃なので、今日は友達と二人で興味深いお話を楽しく聴いてきました。

その中で、一番、”へぇ~面白いなぁ~”と思ったのが、教育人間科学部 保健体育講座の小山勝弘先生の”重力が筋肉や骨を維持する”というお話でした。

普段、何の意識もしない重力という負荷を無くした状態が長く続くと・・・
宇宙飛行士は、筋力も骨量も減ってしまう。
シンクロナイズドスイミングの選手は、骨密度が普通の人より少なる。
とのことです。

そして、もし無重力に近い状態を地上で擬似体験するとしたら、ベッドに横たわった姿勢を保つことになるそうで・・・つまり、寝たきりであれば、自然と筋力も骨量も減ってしまい、特に足腰が弱くなるそうです。若い人でも、こんな風になってしまうので、年をとってくれば、なおさらという事になるようです。だから、”運動は大事だ”とうことでした。

加齢や運動不足で足腰が弱くなる→外に出なくなる→人との触れ合いも少なくなる→精神的な刺激も少なくなる→「つまんない」状態が増える→ちょっとのことでも悲観的になりやすくなる→ますます活動が鈍る→運動不足で足腰がさらに弱くなる→ますます外に出なくなる→悪循環。 と、私が4人の先生方のお話を踏まえて自分流に考えた”健康を保つ秘訣”はこんなことです。

・太陽をしっかり浴びて自分の体にあった適度な運動をし(お散歩など)・・・
・お外の空気を吸うと当時に人との触れ合いを楽しみ・・・
・体の錆を防ぐ植物食品やお魚など色んな食品を豊かに腹八分に食べて・・・
・睡眠もしっかりとり・・・
・自然と触れ合うゆとりを持ち・・・
・楽しくてワクワクすることを見つけて・・・
・ものごとをプラス思考で考えて・・・
・ちょっといい加減(良い加減)に生活したら・・・
心も体も錆ることなく寿命を伸ばして楽しく生きられるのかなぁと思いました。
e0034540_1951379.jpg

さらに、最近、思っていることは・・・
どんな小さなことでも、自分を楽しませてあげるゆとりを自分自身でちゃんと作ってあげて、嫌なことが起きたらそれを受け入れて良いことだけを能天気に考えて、愚痴の一つも聞いていくれる相談相手を持って、ちゃんと食べて、ちゃんと体を休ませてあげたら大丈夫だよ!!きっと・・・。
と思っている近頃です。

でも、これって口で言うのは簡単なことで、忙しすぎたり、真面目すぎたり、向上心旺盛だったりする現代人にとってはとっても難しいことなのかもしれないですね。
[PR]
トラックバックURL : http://mhappa.exblog.jp/tb/1499155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by m-happa | 2005-10-18 20:13 | こころ&体&健康 | Trackback | Comments(0)

『Natural & Simple・Easy・Relax !! 』にをモットーに毎日を自分らしく楽しく・美味しく・心豊かに暮らしています。           こころのままに 気分よくハッピーに・・☆


by m-happa